独学術 by 白取春彦 - 難しい本を読むコツ

スポンサーリンク

難しい本でも読めるようになる方法を紹介します。

白取春彦さんの「独学術」を読みました。

この本を読んだ理由

イオンの中古本ワゴンセールでたまたま発見。

タイトルを見て、日々勉強するための良い方法が学べるかもしれない、と思い購入しました。

どんな本?

独学とは、自分で疑問を持ち、自分で調べ、自分で考えることです。

いくらいい学校に行っても、自分で勉強しなければ何も身につきません。

自分で学ぶことの大切さ、その方法を知ることができます

その中でも、私を惹きつけたのが、第2章「難解な本を読むコツ」。

「独学術」という堅苦しいタイトルなのに、電車の中で笑いをこらえてニヤニヤしていまうほどおもしろかったのです。

第2章の内容を一部紹介します。

「眺め読み」で書物に勝つ

自分にとって読むのが難しい本、ありますよね。

興味はあるけど、分厚かったり、言葉が難しそうだったりして、「まだ自分はこの本のページをめくるレベルに達してない」、そんなことを考えて読むのを躊躇してしまいます。

読んでみれば、難しくてすべてを理解できないかもしれないけど、なにかしら得るものはあるはずです

こういった本を攻略するために、「眺め読み」を提案しています。はじめて耳にする読書法です。

「眺め読み」は、次のように行います。

1.難解な本はまずは眺める

読むのが面倒そうな本を買ってきたら、本棚や机の上など「本のいるべき場所」には置かず、その辺にテーブルやソファに適当に置きます

置いておくだけで、まだ読みません

食卓の上に置いて、隣で麻婆豆腐やカレーを食べてもいい。

P66

まさかの麻婆豆腐。じわじわ来ます。

難しそうな本は、装丁がしっかりして威厳があるので、丁重に扱ってしまいがち。

その威厳を無効化するために、そこらへんに放置するのです

「この部屋の主は私だ。どんなに偉い人が書いた本であろうと、どんなに立派な身なりをしていようと、ここではわたしのルールに従ってもらう」というわけです。

あえてぞんざいに扱うことで、部屋になじんできます

こういう場所に住むしかないかというあきらめが本から滲み出てくる。本が丸くなった感じである。

P66

この時点では、一切読んでいません。本当に眺めているだけ

2.からかうように本を扱う

本が部屋になじんでくると、いよいよ本を開きます。

でも、まだちゃんと読みません

気分に余裕があるとき、コーヒを飲みながらページをめくってみます。

まじめに読んだりしない。からかうような感じで、ぺらぺらめくるだけにとどめる。きどっている女をからかう不良の雰囲気でちょうどよい。

P66

からかうような感じで本を読む」なんて初めて聞きました。

でも、これがいい。

難しい本や学びが多そうな本は、読むのに気合がいります。

「しっかり学ぼう。でも今は気分がのらないからあとで」と先送りしてしまいます。

そんな本を上から目線でからかうことで、本を開くことに成功しているのです。

「眺め読み」の読み方として、他に次のようなものがあります。

  • 本を自分の正面に置かず、横に置いて片手で暇つぶしにあしらってやる程度にする
  • 目次を開きっぱなしにしておく
  • 耳掃除をしながら、ちょっと横目で目次を眺める
  • エアコンの風で目次がめくれてもそのままにしておく
  • 隣に醤油を置いてみたりする
  • トイレから戻ってきてひっくり返してやってもいい

この辺りで、笑いをこらえきれず、電車でニヤニヤしてしまいました。

いくつか謎の行動もありますが、要するにいい加減に眺めればいいのです。

そんなことをしていれば、本の威厳はかなり小さくなってきます。

ここまできて、ようやく目次にざっと目を通します

目次を読むのも適当で、「つまらない模様を眺めるようにする」そうです。

この段階になると、初めに感じていた自分と本との距離は縮まっています

そろそろ本文を読み始めます。

ただ、あくまで適当に、いたずらにページをめくり、数行読んでは別のページを開く、という感じで読んでいくのです。

こういうことをしていると、文章の息づかいがわかってくる。要するに文章の癖だ。それは向こうの出方を見破ったのと同じだ。

P67

読書の態度としては褒められたものではありません。ダラダラしすぎですからね。

でも、少なくとも読んでいるのです。

すべてを理解したわけではないけど、多少なりとも本のエッセンスは頭に入っています

威厳を尊重して本棚には大切に飾って読まないのと、ぞんざい扱って適当にでも眺めるのは、大きな違いです

あとがき

かつて、ここまでいい加減な読書法があったでしょうか。

こんな風に本を読むのは目から鱗でした。

「眺め読み」、気に入りました。

読書を習慣にしたい人にも使えそうです

これまで避けてきた難しそうに見える本にチャレンジしたくなってきました。

無料メルマガをはじめました!

毎日配信を基本として、1回の配信に1つのテーマでサクッと読める分量でお届けします。

自分らしく生きるための気づき、明るい家庭を築くための工夫、生活を楽しくするためのアイデアなど、私が自分らしい人生を歩むための「動き」を発信します。その小さな動きが、読者のみなさんの「動き」につながっていけばいいなと願っています。

▼登録はこちらから。

さいんぽすと無料メルマガ登録フォーム

メールアドレスと名前を入力して「登録」を押すと、仮登録メールが届きますので、記載されているURLをクリックして本登録となり、購読がはじまります。

コーチングのご案内

コーチングを受け付けています。

対面でも、遠方の方はSkypeでも対応できます。

無料の体験セッションもあるので、気軽にお問い合せください。

コーチングのご案内

現在、もっと短時間で気軽に受けられるコーチング「ファストコーチング」を提供しています。

くわしくはこちらをご覧ください。

コーチングをもっと身近に!「ファストコーチング」はじめます!

定期購読のご案内

記事をご覧いただきありがとうございます!

お役に立ちましたらシェアしてもらえるとうれしいです。

Facebookページに「いいね!」やTwitter&Feedlyに登録すれば、最新記事を定期購読できるので便利です。

下のボタンから登録できます。

follow us in feedly
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。