ひらくPCバッグとひらくPCバッグminiを使い比べて、好きなのはどっち?

スポンサーリンク

ひらくPCバッグ(以降、big)を2年、ひらくPCバッグmini(以降、mini)を2ヶ月使っています。

【参考】ひらくPCバッグminiを購入したので、先代ひらくPCバッグを2年使った感想を紹介します!

新製品だからminiの方がいい、というわけではないことが分かってきました。

両者それぞれ優れている点、イマイチな点があります。

結論からいうと、私はbigの方が好きです。

2つを比較をして、それぞれの優れているところを紹介します。

ひらくPCバッグminiの方が優れているところ

持ち手がある

miniはバッグ上部裏側に持ち手が付いています。

少し移動するときなどは、ここに手を引っ掛けて運べるので便利です。

bigには付いていないので、つまむように持たなければなりません。これが持ちにくいし,重くて指が痛くなります。

横幅がスリム

miniは横幅がスリムで自分の身体より小さいので、電車で座るとき、隣の人に気を使わなくて済みます。

bigは横幅があるので、自分の身体以上にスペースを取ってしまいます。

内ポケット(上)が取り出しやすい

miniは内ポケットが2段に分かれていて、上ポケットは小さめなので、開けてもバッグの中身が見えることはありません

bigの内ポケットを開けると、バッグの中身が丸見えになるので、人前では開けにくいです。

ひらくPCバッグの方が優れているところ

取り出しやすい

bigはフタを開けると、何がどこにあるか一目で分かるので、サッと取り出すことができます。

▼bigを上からのぞいたところ

miniは縦長で深いので、少し開けるだけでは中が見えず、手を突っ込んで手探りで探す必要があります。財布など小さめのものを取り出すのが難しいです。

▼miniを上からのぞいたところ

たくさん入る

bigは横幅がある分、たくさん入ります。1泊くらいの旅行ならこれ1つで十分対応できます

miniは縦長なので、あまり入りません。本を2冊入れるのがつらいです。上のスペースに入れたとしても、フタを開けると落ちてきます。

ひらくPCバッグminiの心配なところ

miniにPCを入れると、USBなどの端子がむき出しになります。

雨降りにフタを開けたとき、雨がかかりそうで心配です。

ひらくPCバッグに持ち手が付いたら最強!

miniの持ち手はとても使いやすいので、これのないbigが不便に感じます。

ただ、ひらくPCバッグで一番気に入っているのは「取り出しやすさ」なので、miniの取り出しにくさは大きなマイナスです。

bigに持ち手が付いたら最強のひらくPCバッグになります

あとがき

用途によって好みは変わりますが、取り出しやすさの点でbigの方が好きです。

ひらくPCバッグ | SUPER CLASSIC

ひらくPCバッグmini | SUPER CLASSIC

無料メルマガをはじめました!

毎日配信を基本として、1回の配信に1つのテーマでサクッと読める分量でお届けします。

自分らしく生きるための気づき、明るい家庭を築くための工夫、生活を楽しくするためのアイデアなど、私が自分らしい人生を歩むための「動き」を発信します。その小さな動きが、読者のみなさんの「動き」につながっていけばいいなと願っています。

▼登録はこちらから。

さいんぽすと無料メルマガ登録フォーム

メールアドレスと名前を入力して「登録」を押すと、仮登録メールが届きますので、記載されているURLをクリックして本登録となり、購読がはじまります。

コーチングのご案内

コーチングを受け付けています。

対面でも、遠方の方はSkypeでも対応できます。

無料の体験セッションもあるので、気軽にお問い合せください。

コーチングについて

定期購読のご案内

記事をご覧いただきありがとうございます!

お役に立ちましたらシェアしてもらえるとうれしいです。

Facebookページに「いいね!」やTwitter&Feedlyに登録すれば、最新記事を定期購読できるので便利です。

下のボタンから登録できます。

follow us in feedly
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。