私が早寝早起きを習慣にして4時に起きる理由

スポンサーリンク

21時過ぎに寝て4時に起きる、早寝早起きを習慣にしています。

早起きには、何度も何度も挑戦しては挫折してきた過去があります。

しかし、あることがきっかけで、習慣化に成功しました。

そのきっかけとは、「子供」です。

子供が生まれてから、早寝早起きができるようになったのです。

自分の時間を確保するため

子供が生まれると、子供が最優先となり自分の時間がものすごく少なくなります。

やりたいことがあってもできないのです。

子供が起きている間は、子供のお世話や遊び相手をするので、子供が寝たあとから起きるまでの時間しか残されていません。

夜、子供が寝たあとの時間を使う方法もありますが、疲れていて眠かったり、子供の寝かしつけで寝落ちしてしまったり、時間をオーバーしてしまったりするので、朝の時間を使うことにしました。

「自分の好きなことをやる時間がほしい!」という思いが、早寝早起きをする理由になったのです。

早く起きれば好きなことができる、というのは強力な動機になります。

早寝早起きしなくても十分な自分の時間があれば、まだ真っ暗な4時に起きることはしていないでしょう。

あとがき

子供のお世話に追われて、自分の時間が足りないという人には、早寝早起きをおすすめします。

早寝早起きに関するこちらの記事もどうぞ!

早起きの5つのコツ!4:30起きを習慣にして実感したこと

早起きのコツは「楽しくてもっとやりたいこと」を早朝に持ってくること

早起きしてやっていること

早寝するためにやめたこと

コーチングのご案内

コーチングを受け付けています。

対面でも、遠方の方はSkypeでも対応できます。

無料の体験セッションもあるので、気軽にお問い合せください。

コーチングについて

定期購読のご案内

記事をご覧いただきありがとうございます!

お役に立ちましたらシェアしてもらえるとうれしいです。

Facebookページに「いいね!」やTwitter&Feedlyに登録すれば、最新記事を定期購読できるので便利です。

下のボタンから登録できます。

follow us in feedly
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。