ブログの更新頻度を上げると宣言して11ヶ月。その結果は?

スポンサーリンク
IMG_5654

「ブログの更新頻度を上げる!」と一念発起して11ヶ月がたちました。

【参考】ブログ更新頻度を増やしブログ筋力をムキムキにするため毎日更新を目標にします!

以前は、一ヶ月に一桁しか更新していないし、文章のボリュームもずっと少なかったのが、今では毎日複数記事更新し、ボリュームのある記事も書けるようになってきました。

更新頻度の推移

昨年6月から、先月までの更新頻度を振り返ってみます。

【2015年】

  • 6月 34本
  • 7月 32本
  • 8月 25本
  • 9月 27本
  • 10月 29本
  • 11月 27本
  • 12月 25本

【2016年】

  • 1月 33本
  • 2月 53本
  • 3月 54本
  • 4月 46本

2015年は月に25本を目標にしていましたが、2016年になって一日2本以上更新してもいいと自分に許可して大幅に増えました。

PVはどうなった?

これだけ更新頻度を上げているんだから、さぞかしPVが上がっているだろうと想像されるかもしません。

でも、正直あまり上がっていません。

このブログは、途中からスパムフィルターをかけたのと、夏と冬に冷暖房の記事でアクセスが増えるので比較しにくい部分はありますが、少し上がっている程度です。

このブログのGoogleの評価が低いのではないかという仮説のもと、過去記事リライトやnoindexによるメンテナンスをやっているところです。

【参考】ブログの過去記事メンテナンスをやろう!ブログ全体の底上げをする効果も!

この結果を見ると、ポジティブな私も若干モチベーションが下がりそうになりますが、ちゃんと結果の出ている数値もあります。

Feedly登録数は、昨年5月の「9」に対し、現在は「66」になっています。

66人の購読してくれている人たちがいるからこそ、モチベーションを切らさずに書き続けることができています。

これからの取り組みと目標

ブログを書くことは完全に習慣になったので、余程のことがない限りやめることはありません。

さらに成長させるために、次のことに取り組みます。

  • 月60本の更新を目指す
  • もっと短い時間で投稿できるようにする
  • 過去記事のリライトを続ける

目標は次のとおりです。

  • 年内に記事数1,000本を達成する
  • Feedly登録数100を達成する
  • 年内にPVの目標を達成する
  • ブログを楽しく書き続ける

楽しむことが一番です。

あとがき

PVを上げるために更新頻度を高くしよう、と考えている人には、あまり見たくない記録かもしれません。PVはあまり上がってないですからね。

でも、まったく八方塞がりなわけではありません。まだできることは残っていて、それがうまくいけばPVが上がる可能性もあります。

なにより、こんな状況でもブログが楽しいと思えているのです。これは更新頻度を上げたことが要因だと思います。

これからもブログを楽しんで、書き続けていきます!

ブログについて、もう1本いかがですか?

ブログの更新頻度を上げるためにやっていること

ブログの更新頻度を上げると決意して6ヶ月が経過した結果

ブログの毎日更新を決意することで起こる変化

ブログを長く続けるために「連続更新記録」は無視しよう!休んだってイーンダヨ!

ブログを毎日更新してもネタ切れにならない方法

無料メルマガをはじめました!

毎日配信を基本として、1回の配信に1つのテーマでサクッと読める分量でお届けします。

自分らしく生きるための気づき、明るい家庭を築くための工夫、生活を楽しくするためのアイデアなど、私が自分らしい人生を歩むための「動き」を発信します。その小さな動きが、読者のみなさんの「動き」につながっていけばいいなと願っています。

▼登録はこちらから。

さいんぽすと無料メルマガ登録フォーム

メールアドレスと名前を入力して「登録」を押すと、仮登録メールが届きますので、記載されているURLをクリックして本登録となり、購読がはじまります。

コーチングのご案内

コーチングを受け付けています。

対面でも、遠方の方はSkypeでも対応できます。

無料の体験セッションもあるので、気軽にお問い合せください。

コーチングのご案内

現在、もっと短時間で気軽に受けられるコーチング「ファストコーチング」を提供しています。

くわしくはこちらをご覧ください。

コーチングをもっと身近に!「ファストコーチング」はじめます!

定期購読のご案内

記事をご覧いただきありがとうございます!

お役に立ちましたらシェアしてもらえるとうれしいです。

Facebookページに「いいね!」やTwitter&Feedlyに登録すれば、最新記事を定期購読できるので便利です。

下のボタンから登録できます。

follow us in feedly
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。