モチベーションに頼らずやり続ける方法

スポンサーリンク

今、なにかモチベーションに満ちあふれているものはありますか?

ひとつ残念なお知らせがあります。

そのモチベーション、必ず下がります。

しかも、モチベーションは、上げるのも下げるのも、自分でコントロールしにくいもので、波があり上がったり下がったりします。

下がると分かっているのなら、それに合わせた対応をすればいいだけ。

モチベーションが下がったときでも、続けられる仕組みを作っておくことが大切です

モチベーションだけで続けるのは難しい

新しいチャレンジを始めるとき、自分で自分に発破をかけたり、周りの人と「よし、やるぞー!」とモチベーションを上げることがあります。

モチベーションは高く上がるし、楽しくていつまでも続けられそうな気がします。

ただ、上がったモチベーションは必ず下がるもの。

最初のモチベーションが高ければ高いほど落差が激しく、大きく落ち込んでしまいます

モチベーションが著しく下がった状態だと、今まで寝る間も惜しむくらい楽しかったことが、見るのもイヤになってしまいます。

モチベーションに頼るのは、これが怖いんですよね。

モチベーションが低くても続ける仕組みを作る

モチベーションの上げ下げはコントロールできないので、身をまかせるしかありません。

最初のモチベーションが高いうちに、下がっても続けられるような仕組みを作っておくことが重要です

私はブログを毎日書いていますが、モチベーションはそんなに高くありません。あ、今はちょっと高めかな。

「今日もたくさん書くぞー!」という感じではなく、そのとき書きたいことを淡々と書くだけ。

モチベーションを高めなくても書けるのは、習慣になっているからです。

歯磨きするのに「よし!歯磨きするぞー!」とモチベーションを上げる必要がないのと同じですね。

習慣化するためには続けることが一番ですが、モチベーションが低くて続けられるような習慣にするのがポイント

  • 質は気にしない
  • できなくても自分を責めない
  • 時間帯や場面を決めておく
  • やめない

モチベーションが高いときは、他の何よりも優先してやってしまうもの。

でも、そうやって無理に生活に組み込んでいると、モチベーションが下がったときにできなくなってしまいます。

新しいチャレンジを時間帯や場面に無理なく組み込むことで、モチベーションが下がったときも、「今はあれをやる時間だ」という気持ちになり、続けられます

モチベーションが下がっているので、できない日もあるでしょう。

そんなときでも、自分を責めてはいけません。

責めれば挫折にまっしぐらです。

今日はできなかったけど、明日からまたがんばろう

そんな気持ちでのんびり構えればいいのです。

できない日が続いたとしても、とにかくやめないこと。やめさえしなければなんでもいいのです。

あとがき

モチベーションは前に進む原動力にもなれば、挫折のきっかけにもなります。

うまく付き合っていきましょう。

コーチングのご案内

コーチングを受け付けています。

対面でも、遠方の方はSkypeでも対応できます。

無料の体験セッションもあるので、気軽にお問い合せください。

コーチングについて

定期購読のご案内

記事をご覧いただきありがとうございます!

お役に立ちましたらシェアしてもらえるとうれしいです。

Facebookページに「いいね!」やTwitter&Feedlyに登録すれば、最新記事を定期購読できるので便利です。

下のボタンから登録できます。

follow us in feedly
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。