嫌いなものではなく、好きなものに目を向けよう!

スポンサーリンク
slproImg_201603300806410.jpg

嫌いなものに注目してる人、もったいないなーと思います。

たとえば、お隣の国が大嫌いな人。

すっごい詳しいんですよ。「こんなことをしてる」「あんなこと言ってる」って。

好きでも嫌いでもない私が全然知らない情報ばかりだし、知ったからといってどうなるものでもありません。

もはや「ファン」ですよ。言葉では大嫌いと言ってますけどね。

先日、Twitterで「とある大規模イベントに参加してから、そのクラスタの情報がSNSにあふれるようになって、つまらなくなった」というツイートがありました。

たしかに、毎日同じような情報ばかり見ているとイヤになってくることはあります。今となっては懐かしい「アイスバケツチャレンジ」のとき、私も同じような気持ちになりました。

つまらなくなったなら見なければいいだけのことです。SNSならフォローを外すなり、ミュートするなり、いくらでも方法はあります。「アイスバケツチャレンジ」はミュートで心の平穏を保ちました。

見たくないものを見てつまらなくなるなんてもったいないこと。何を見るかは自分でコントロールできますからね。

これは私の勝手な憶測ですが、「つまらなくなった人」は自分のつまらない日々を周りの環境のせいにしているだけのように思います。

どうせ見るなら、ワクワク楽しい気持ちになるものを見たいものです。

コーチングのご案内

コーチングを受け付けています。

対面でも、遠方の方はSkypeでも対応できます。

無料の体験セッションもあるので、気軽にお問い合せください。

コーチングについて

定期購読のご案内

記事をご覧いただきありがとうございます!

お役に立ちましたらシェアしてもらえるとうれしいです。

Facebookページに「いいね!」やTwitter&Feedlyに登録すれば、最新記事を定期購読できるので便利です。

下のボタンから登録できます。

follow us in feedly
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。