BUFFALO WiFiルーターWSR-1166DHP2を使うと電子レンジとの干渉トラブルが解消した!

スポンサーリンク

自宅のWi-Fiが、電子レンジの電磁波との干渉と思われるトラブルになっていたため、WiFiルーターを買い換えました。

【参考】WiFiが電子レンジとの干渉で切れる!無線LANルーターの買い替えを検討!

今回買い換えたのは、BUFFALOのWiFiルーターです。

【参考】BUFFALO AirStation HighPower Giga WHR-1166DHP2

設置は簡単

設置や設定がめんどくさいなーと先延ばししていたのですが、やってみると思いのほか簡単でした。

▼正面から見るとこんな感じ。シンプル。

▼横からみたところ。アンテナは出ていません。

▼背面はこんな感じ。

設置は、NTTホームゲートウェイの「LANポート」とこのルーターの「INTERNETポート」を接続するだけで、とても簡単でした。

あとは、接続したい機器(iPhoneなど)からこのルーターのSSIDを選択し、ルーター底面にあるパスワードを入力するだけです。

電子レンジとの干渉はどうなった?

iPhoneをBUFFALOルーターに接続し、YouTubeを再生しながら電子レンジを使ってみたところ、見事切れることはありませんでした。

設置して一週間以上になりますが、子供たちから接続が切れるというクレームは入っていません。(以前は毎日クレームの嵐でした)

周波数帯を5GHzにしたことで、電子レンジ干渉問題は解消したようです。

5GHzは2階が繋がりにくくなる?

前回の記事を読んだ方から、「5GHZになると電波の直進性が強くなるから、2階は繋がりにくくなるかも」というアドバイスがありました。

我が家の設置環境は次のとおり。

  • Wi-Fiルーターは1階中心にある階段下収納の中に設置
  • リビングは吹き抜け
  • 2階には中継器などはない

実際に2階で使ってみたところ、特に繋がりにくいとか、電波が弱いという感じはありません。

もしかすると、吹き抜けがあることがプラスに働いているのかもしれません。

速度はどうなった?

回線速度がどうなったか、1階と2階で計測してみました。

1階で計測

▼NTT無線LANカード

▼BUFFALOルーター

BUFFALOの圧勝です。

2階で計測

▼NTT無線LANカード

▼BUFFALOルーター

2階でもBUFFALOルーターが圧勝でした。

体感ではそれほど変わりませんが、速くなるのはいいことです。

あとがき

電子レンジを使うとWi-Fiが切れる、というトラブルになっている人は、Wi-Fiの周波数帯を5GHzに変えると解消するかもしれません。

ただ、環境によってうまくいかないこともあるかもしれないので、ご注意ください。

無料メルマガをはじめました!

毎日配信を基本として、1回の配信に1つのテーマでサクッと読める分量でお届けします。

自分らしく生きるための気づき、明るい家庭を築くための工夫、生活を楽しくするためのアイデアなど、私が自分らしい人生を歩むための「動き」を発信します。その小さな動きが、読者のみなさんの「動き」につながっていけばいいなと願っています。

▼登録はこちらから。

さいんぽすと無料メルマガ登録フォーム

メールアドレスと名前を入力して「登録」を押すと、仮登録メールが届きますので、記載されているURLをクリックして本登録となり、購読がはじまります。

コーチングのご案内

コーチングを受け付けています。

対面でも、遠方の方はSkypeでも対応できます。

無料の体験セッションもあるので、気軽にお問い合せください。

コーチングのご案内

現在、もっと短時間で気軽に受けられるコーチング「ファストコーチング」を提供しています。

くわしくはこちらをご覧ください。

コーチングをもっと身近に!「ファストコーチング」はじめます!

定期購読のご案内

記事をご覧いただきありがとうございます!

お役に立ちましたらシェアしてもらえるとうれしいです。

Facebookページに「いいね!」やTwitter&Feedlyに登録すれば、最新記事を定期購読できるので便利です。

下のボタンから登録できます。

follow us in feedly
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。