海でのんびりピクニックするのもいいものだ

スポンサーリンク

「海は泳いだり釣りをしたりする場所」、そんな思い込みがあり、今までこの時期(6月)に海へ行くことはほとんどありませんでした。

瀬戸内海に臨む広島は、海に行くこと自体は簡単。

それなのに、一番上の娘(5歳)でさえ浜辺までしか行ったことはなく、海に入ったことがありません。

下の子の生まれるタイミングの関係で行けなかったというものありますが、夏の海は人が多すぎて私が行く気にならないという理由もあります。人混みキライなんだもん。

海は準備や後片付けが結構大変なので、プールでいいかとなってしまうんです。

「海水浴の時期じゃなくても海へ行ってもいいんだ」とごく当たり前のことに気づいたので、レジャーシートとお弁当、おやつだけ持って、子供たちを引き連れて海へピクニックに行ってきました。

今回行ったのは、狩留賀海浜公園。

【参考】狩留賀海浜公園 -なっちゃんの遊び場ネット-

「かるが」と読みます。遊具やアスレチック、バーベキュースペースもあります。

あいにくの曇り空ですが、泳ぐわけではないので涼しくてちょうどいい。

開場してすぐ入ったので、釣り人が数組いるくらい。

子供たちと一緒に海へ。

足を包むひんやりとした海の水、ジャリジャリと踏みしめる砂、心地よい潮の香りと波の音。

思えば、大人になって裸足で砂を踏むことはほとんどありません。

波打ち際の砂は濡れて硬くなっているけど、水に濡れてない砂はふわふわして踏むととても気持ちいいのです。

初めての海に、上の子2人は大はしゃぎ。

「つめたーい!」

「押される押される!」

子供たちにとって、波が押しては引いていく感覚は未知のものなので、感激していました。プールでは味わえないものです。

大人にとっては当たり前のことでも、子供にとっては新鮮な体験なんですよね。

波が押し寄せるたびに足が埋もれていくことに驚いたり、沖を船が通ると大きくなる波によろめきながら倒れないように踏ん張ったり、海に向かって石を投げたり、これといって特別なことはしてないのにみんな笑顔でした。

家でみんなでマインクラフトをやるのも楽しいけど、こうして五感を使って遊ぶのはもっと楽しいことを実感。

これからも子供たちといろんなことを体験していきたいと思いました。

コーチングのご案内

コーチングを受け付けています。

対面でも、遠方の方はSkypeでも対応できます。

無料の体験セッションもあるので、気軽にお問い合せください。

コーチングについて

定期購読のご案内

記事をご覧いただきありがとうございます!

お役に立ちましたらシェアしてもらえるとうれしいです。

Facebookページに「いいね!」やTwitter&Feedlyに登録すれば、最新記事を定期購読できるので便利です。

下のボタンから登録できます。

follow us in feedly
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。