子供の生活がどんどん見えなくなっていく

スポンサーリンク

子供は日々成長していく。

あんなに手がかかっていたのに、ひとつ、またひとつと、自分でできることが増えていく。

それはとてもうれしいことだし、感謝すべきこと。

でも、その成長の裏側で、着実に親から離れていっている。

それを強く実感するのが、幼稚園。

幼稚園は親が立ち入ることのできない子供だけの世界。

もちろん、参観日やその他イベントで幼稚園へ行くことはあるけれど、それは普段の幼稚園とはどこか違う。

幼稚園でどんなことをしてるとか、誰と遊んでるとか、誰が好きとか、子供の口から聞くことはできる。

でも、聞いた言葉から膨らませたイメージは、おそらく、実際のものとは違っている。残念ながら。

子供から片時も目を離したくない、というわけではない。むしろ、見えないことがうれしい。

親のいないところで、子供が自分で考え、話し、行動している。今までは親なしではなにもできなかったのに。それが誇らしい。

幼稚園、小学校、中学校……。年を重ねる度に子供の生活が見えなくなっていく。

子供が成長するに従って、少しずつ手を離していかなければいけない。それが親の勤め。

少しさみしい気もするけど、それなら今一緒にいる時間を大切にすればいい。

私の子育ての目標の1つは、「こっちから連絡せんと全然連絡してこんのじゃけん。まあ元気ならいいけど」、そんな関係。

コーチングのご案内

コーチングを受け付けています。

対面でも、遠方の方はSkypeでも対応できます。

無料の体験セッションもあるので、気軽にお問い合せください。

コーチングについて

定期購読のご案内

記事をご覧いただきありがとうございます!

お役に立ちましたらシェアしてもらえるとうれしいです。

Facebookページに「いいね!」やTwitter&Feedlyに登録すれば、最新記事を定期購読できるので便利です。

下のボタンから登録できます。

follow us in feedly
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。