セミナーや勉強会での学びを身につけるためにやること

スポンサーリンク

セミナーや勉強会を受けたあとは、「楽しかった」「自分ももっと成長できそう」と気分が高揚してモチベーションMAXです。

むしろ、「もう成長してるんじゃない?」とさえ感じるほど。

残念、この時点では、まだ新しい知識を得ただけで、何も変化は起きていません。

知識は実践を通じて身についていくものなのです。実践なき知識はやがて忘れ去られる運命にあります。

高くなったモチベーションは、時間とともに下がってくるので、結局今までどおりの自分に戻ってしまいます。

学びを活かさないのはもったいないこと。せっかく時間とお金、労力をかけたのですから。

学んだことを身につけるために、セミナーや勉強会が終わったあと、早めにやっておいた方がいいことを紹介します。

次の行動をリストアップする

学んだことの中から、自分に取り入れたい行動を思いつく限り書き出しましょう

すぐにできることでも、時間がかかるものでも、できるかどうか不安なものまで、選り好みせず書いていきます

モチベーションが下がる前にやることがポイントです。できれば頭の中をノートに吐き出したあとがいいと思います。その方が頭が整理されて、よりアイデアが出てきやすくなります。

【参考】セミナーや勉強会のあと、その日のうちにやっておくこと

リストアップする内容は、今回の勉強内容に関係ないものでも構いません。このタイミングで浮かんでくるアイデアは、学びによって脳が刺激されて出てきたものなので、ぱっと見た感じは関係ないようでも何かしらつながりがあるものです。

完成したリストの行動を全部やらなければいけない、と思う必要はありません。ひとつでもできたら勝ちです。たったひとつの小さな行動が、次の行動につながっていきます

リストアップされたアイデアを実行するために、大きすぎるものは細分化したり、期限を決めたり、カレンダーやタスク管理ツールに入力するなど、自分なりの工夫をするといいでしょう。

先日の野望の会でもたくさんの気づきがあったので、すぐに行動をリストアップしました。

あとがき

行動には、人生を変える力があります。

でも、「自分」はなかなか動かないもの。新しいチャレンジならなおさら。

行動することで現状のバランスが崩れるのを、無意識に嫌がっているんですよね。現状が望ましいものかどうかは関係なく、潜在意識がそれを維持しようとします。

そんな「自分」を動けるようにしてあげるには、細かな工夫が必要です。

野望の会での学びについての記事

人の話を聞くってこんなに楽しいことだったんだ!野望の会in広島を開催しました![2016/06/18]

恐縮しなくていい世界は心地いい

頭の中の思いを言語化するメリット

セミナーや勉強会のあと、その日のうちにやっておくこと

コーチングのご案内

コーチングを受け付けています。

対面でも、遠方の方はSkypeでも対応できます。

無料の体験セッションもあるので、気軽にお問い合せください。

コーチングについて

定期購読のご案内

記事をご覧いただきありがとうございます!

お役に立ちましたらシェアしてもらえるとうれしいです。

Facebookページに「いいね!」やTwitter&Feedlyに登録すれば、最新記事を定期購読できるので便利です。

下のボタンから登録できます。

follow us in feedly
スポンサーリンク