より楽しい人生を歩むために、子供の心のあり方を取り戻そう!

スポンサーリンク
slproImg_201602140721130.jpg

毎日、3人の子供たちと接していて気づいたのは、目指すべきは「子供の心のあり方」だということ。

子供は心屋仁之助さんの本に書いてあることを地でいっています。

  • 「好きなことだけする」
  • 「ある」
  • 「今この瞬間を楽しむ」
  • 「がんばらない」
  • 「自分には価値がある」
  • 「迷惑かける」

お子様ランチのプリンを最初に食べるし嫌いな野菜は食べない、お菓子でもおもちゃでもほしいものはなんでも手に入ると思ってる、お風呂に入る時間でもお構いなしにやりたい遊びを全力で楽しむ、楽しいことをやっているだけだからがんばってない、お父さんとお母さんに愛されて当然と思ってる、迷惑がかかるなんてまったく気にしないなど、まさに好きなことだけして生きています。

子供のような心で生きていけば、毎日が楽しいことだらけになるでしょう。

大人になってしまった私たちも、子供の頃はそうだったんですよね。

成長して知識や経験を重ねていく過程で、「大人の常識」を身にまとい、いつしか「好きなことをする」を心の奥深くに封印してしまったのです

好きなことは我慢してがんばって生きる、これが大人だと。

そう考えると、心のあり方を変えるというのは、子供に帰るということだと言えます。

子供のようなあり方こそ、人間がもともと持って生まれた自然なあり方なのかもしれません。

「そうはいっても大人は子供のようににはいかないよ。好きじゃないくてもやらなきゃいけない仕事はあるし」、そう思いますよね。

なにも今日から仕事もしないで遊んで暮らそうというわけではありません。

今までないがしろにしてきた「自分の好きなこと」を少しずつやってみればいいのです。

大人は自分自身に厳しすぎます。いろんな制約で自分を縛り付けています。

一方、大人には子供にない知識と経験、圧倒的な自由さがあります

子供の「あり方」を取り戻し、大人の知識や経験を使うことで、より楽しい人生を歩んでいけるでしょう

心のあり方に関する記事、もう1本いかがですか?

心屋仁之助の「いい人」をやめてスッキリする話 by 心屋仁之助 - 心のもやもやを晴らしたい人は必読!

「好きなこと」だけして生きていく。 by 心屋仁之助 - 自分に価値があることを認めて自由に生きよう!

一生お金に困らない生き方 by 心屋仁之助 – お金に困らないために「あり方」を変える

幸せになるために必要なものはすでに持っていた

神社ミッションをやって理解できた仕組みと本質

コーチングのご案内

コーチングを受け付けています。

対面でも、遠方の方はSkypeでも対応できます。

無料の体験セッションもあるので、気軽にお問い合せください。

コーチングについて

定期購読のご案内

記事をご覧いただきありがとうございます!

お役に立ちましたらシェアしてもらえるとうれしいです。

Facebookページに「いいね!」やTwitter&Feedlyに登録すれば、最新記事を定期購読できるので便利です。

下のボタンから登録できます。

follow us in feedly
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。