StackOneでEvernoteにデータが送信できないときの解決策

スポンサーリンク

iPhoneアプリStackOneで、Evernoteにデータが送信できない、という不具合が発生しました。

好きな形や頻度でEvernoteにノートを作成できるアプリStackOne。私は、StackOneで入力したものを1日1ノートにまとめて日記として使っています。

【参考】EvernoteとiPhoneで日記をつける方法

【不具合】StackOneからEvernoteに送信できない

先日、いつものように日記を入力していたところ、データがEvernoteに送信されず、StackOneに残っていることに気づきました。

▼右上の「再送信」をタップしても送信されない。

エラー内容を見てみると、Evernoteの認証期限が切れているっぽい。

じゃあ再度認証しよう、と設定を探し回っても、ログインもログアウトも見つかりません。

20分くらい探して見つからないので、Googleで検索するも、そういった情報はなし。

どうすればいいのか途方に暮れていたところ、簡単な方法でEvernoteの再ログイン画面が現れました。

【解決策】StackOneを強制終了する

StackOneを強制終了させて再起動すると、Evernoteのログイン画面が表示されました。

強制終了は、マルチタスク画面(iPhoneのホームボタンを2回押す)を開いて、StackOneを上にスワイプします。

Evernoteにログインすれば、今までどおり使用できます。

溜まっていたデータはそのまま残っていたので、無事にEvernoteに送信ができました。

無料メルマガをはじめました!

毎日配信を基本として、1回の配信に1つのテーマでサクッと読める分量でお届けします。

自分らしく生きるための気づき、明るい家庭を築くための工夫、生活を楽しくするためのアイデアなど、私が自分らしい人生を歩むための「動き」を発信します。その小さな動きが、読者のみなさんの「動き」につながっていけばいいなと願っています。

▼登録はこちらから。

さいんぽすと無料メルマガ登録フォーム

メールアドレスと名前を入力して「登録」を押すと、仮登録メールが届きますので、記載されているURLをクリックして本登録となり、購読がはじまります。

コーチングのご案内

コーチングを受け付けています。

対面でも、遠方の方はSkypeでも対応できます。

無料の体験セッションもあるので、気軽にお問い合せください。

コーチングのご案内

現在、もっと短時間で気軽に受けられるコーチング「ファストコーチング」を提供しています。

くわしくはこちらをご覧ください。

コーチングをもっと身近に!「ファストコーチング」はじめます!

定期購読のご案内

記事をご覧いただきありがとうございます!

お役に立ちましたらシェアしてもらえるとうれしいです。

Facebookページに「いいね!」やTwitter&Feedlyに登録すれば、最新記事を定期購読できるので便利です。

下のボタンから登録できます。

follow us in feedly
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。