どうしてブログを書いてるの?

スポンサーリンク
img_4111.jpg

先日、ある人に「どうしてブログを書いているんですか?」という質問を投げかけられました。

ブログを書くために、多くの時間を使っています。1日1時間ブログを書いたとすると、毎月30時間以上の時間をブログに費やすことになります。月1回、丸一日ブログを書き続けるだけの日がある計算です。

ブログを書かなければ、この時間を他のことに使えるのですから、ブログを書くためのそれなりの理由があるはずです。

質問に対して、その場で思い浮かんだことを答えたのですが、どうもそれだけではないような気がしたので、もう少し掘り下げてみます。

ブログを書く理由

話したいことがある

心が震えるほどおもしろいものを発見したとき、誰かに紹介したくなりませんか?

私の場合、本やブログ、アプリ、アイデア、考えなどがそうです。

でも、身近にその話を聞いてくれる人は、そんなにいないんですよね。興味を同じくする人が少ないし、みなさん私の話を聞くヒマなんてありません。

この話したい気持ちをブログが受け止めてくれます。

話すのが苦手

私は、頭の中にある考えを口で説明するのが、とても苦手です。

頭の中に10あるものが、口からは3くらいしか出てきません。ものすごく目の細かいフィルターがついているみたい。

時間制限があるのも、話すのが苦手な理由のひとつです。

ブログであれば、時間を使ってマイペースで自分の考えをまとめていけます。

時間に縛られない

ブログを書くのも、読むのも、本人の好きなタイミングでできます。

時間のあるときに、話したいことを記事にまとめてブログに置いておけば、興味のある人が自分のタイミングで読んでくれます。

書き手と読み手、双方を時間の縛りから解放してくれるのが、ブログの魅力です。

読者の人生を好転させる可能性がある

このブログには、私が自分の人生を充実させるための、アイデアや経験を書いています。

記事を読んだ読者が、それを試してみる。

実際に行動する人がいるのが、書き手にとってなによりもうれしいことです。

その行動がきっかけで、読者の人生にちょっとだけ変化が起こります。

すべての記事がそのような働きをするわけではありませんが、ブログを書き続ける限り、その可能性が生まれます。

友達がほしい

ブログを始めた理由の記事にも書きましたが、共通の趣味を持つ友達を求めています。

【参考】ブログを始めた理由と成果

ブログで好きなことを発信することで、同じ趣味を持つ人に届き、新しいつながりができます。

身近な場所で同じ趣味を持つ人を探そうとすると、手間がかかるうえに、目当ての人にはなかなか出会えません。

書くことが楽しい

自分の頭の中にあるものを、文章として書き出していくことが楽しいです。

頭の中の言葉と書き出した言葉が対話するのがおもしろいのです。

私の持つ資質「内省」が、楽しませてくれているのかもしれません。

【参考】ストレングスファインダー「内省」はブログとの相性がいい!

ブログを続けれられる理由

このブログは来月で4年になります。

更新頻度が大きく下がっていた時期はあるものの、「ブログをやめよう」と思ったことは一度もありません。

この記事を書きながら、ブログを続けられる理由が、ブログを書く理由にあらわれていることに気づきました。

ブログをやめてしまうと、ブログから得られるものを手放すことになってしまいます。

これらのブログの魅力を感じている限り、ブログをやめる理由はありません。

あとがき

PVが下がることに嫌気がさしながらもブログをやめないのは、PV以外にブログの魅力を見出しているからだということが分かりました。

あなたはどうしてブログを書いていますか?

コーチングのご案内

コーチングを受け付けています。

対面でも、遠方の方はSkypeでも対応できます。

無料の体験セッションもあるので、気軽にお問い合せください。

コーチングについて

定期購読のご案内

記事をご覧いただきありがとうございます!

お役に立ちましたらシェアしてもらえるとうれしいです。

Facebookページに「いいね!」やTwitter&Feedlyに登録すれば、最新記事を定期購読できるので便利です。

下のボタンから登録できます。

follow us in feedly
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。