好きなことをやりはじめると人生が変わってきた

スポンサーリンク

ここ最近、私のやる気が家出をしていて、ブログの更新頻度が下がったり、タスク実行率が低かったり、読書ができなかったり、なんだかだるかったり、といろいろ不具合が出ています。

まあこんなこともあるよね、とのんびり構えて、今できることをやるようにしています。

そんな好調とはいえない状況ではありますが、視点の高度をぐーっと上げて自分の人生を眺めてみると、違った風景が広がっていることに気づきます。

おもしろいくらいに次々とチャンスが舞い込んできているのです。

他力で前に進んできた

ここ1年、私の人生に劇的といっていいほどの変化が起こりました。

タイムマシンで出掛けて、1年前の自分に今の状況を聞かせても、「そんなことありえない」と一蹴されるでしょう。

というのも、私は、今の状況を目指して努力してきたわけではないからです。

私がやったことといえば、目の前にあるおもしろそうなことに手を伸ばしただけ

すると、その手を掴んで引っ張ってくれる人が現れるのです

また次のおもしろそうなことに手を伸ばすと、また別の人が手を掴んで引っ張ってくれる。

そんな風に、ひょいひょいと手を伸ばしては引っ張られるうちに、気づいたら想像もしてない場所に立っていた、という感じです。

私の手を掴んでくれた一人一人の顔(もしくはアイコン)が目に浮かびます。

まさに自力ではなく、他力で前に進んできました。

好きなことをやるから他力を得られる

でも、自分の力だけでここまで進んでこられたわけではないから、時々不安になることもあるんです。

「ここまで来れたのは周りの人の力であって、自分の実力じゃない」

「自分一人ではなにもできない」

「この恵まれた状況は、いつまでも続かないかもしれない」

そんな不安に襲われながらも、「まあ今まで大丈夫だったんだから、これからも大丈夫だろう」と楽観的に考えています。ポジティブの資質発動。

他力ってこういうことなんだ、と今年4月に受講した勉強会で学んだことを実感しています。

【参考】八納啓創さん、八納由美子さんの「ライフワーク勉強会 〜強運を引き寄せる知恵〜」に参加しました![2016/04/27]

自分が好きなことをやっていたら、それを活かそうとする他力を得られる、というものです。

今の私に起こっているのが、まさにそういう展開です。

自分の好きなことをやっているだけで、周りの人の力によって、自分一人では行けない場所へ連れていってもらえます。

ただし、他力を得るためには、「好きなことやる」という行動が必要です。ここは自分で動かなければなりません。

あとがき

なんでもかんでも自分の力でやる必要はないんですね。

自分にできること、好きなことをやって、楽しんでいれば、周りの人から協力が得られていい感じになります

これからも、好きなことをやっていこー!

コーチングのご案内

コーチングを受け付けています。

対面でも、遠方の方はSkypeでも対応できます。

無料の体験セッションもあるので、気軽にお問い合せください。

コーチングについて

定期購読のご案内

記事をご覧いただきありがとうございます!

お役に立ちましたらシェアしてもらえるとうれしいです。

Facebookページに「いいね!」やTwitter&Feedlyに登録すれば、最新記事を定期購読できるので便利です。

下のボタンから登録できます。

follow us in feedly
スポンサーリンク