成長を加速させよう!日記を次の行動につなげるためにやること

スポンサーリンク
slproImg_201606160754260.jpg

日記を「書いて終わり」にしてしまうのは、とてももったいない。

今日一日活動して得た経験を、明日の自分に引き継ぐことで、成長を加速させることができるからです。

【参考】日次レビューについての認識が変わり、やるべきことが分かった!

私のやっているEvernoteの日記では、書くだけで終わらせない仕組みを作っています。

【参考】今まで日記を挫折してきた人でも続けられる!EvernoteとiPhoneで日記を書く方法

今回は、その日記の仕上げとも言える作業を紹介します。

Evernoteの日記を次の行動につなげるためにやること

日記の仕上げは、日記を書いた翌日の朝、日次レビューで行います。

1.写真を貼り付ける

一日を終えた時点での日記には、写真は一切なく文字ばかりです。

この段階で、その日の写真を貼り付けていきます。

アルバムではないので、すべての写真を貼るわけではなく、ポイントとなるものだけを厳選します。

写真には日時が記録されているので、時間を入力し、一言コメントを付け足します。

2.明日に引き継ぐ内容に「★」を付け、別ノートにする

これが、今日の経験を明日に引き継ぐ重要な作業です。

日記をざーっと眺め、明日に引き継ぎたい内容に「★」を付けます

▼こんな感じ

スクリーンショット 2016-08-05 5.32.18

内容の種類によって、「★」のあとに、タスク、教訓、記録、アイデアを入力します

このように種類を付けておくことで、あとでどのように処理すればいいかが、ひと目で分かるようになります。

「★」がついた内容を、Evernoteの別ノートにします。

  • 【Mac】内容を選択して、「command + C(コピー)」「command + control + V(コピー内容を新規ノートに貼り付ける)」
  • 【Windows】内容を選択して、「Win + A(選択内容を新規ノートに貼り付ける)」(Windows10は他のショートカットと被っているため、ショートカットキーの変更が必要)

あとは、それぞれの内容に必要な処理をしていきます。

たとえば、タスクならタスク管理ツールに入力、アイデアなら育成するかアイデアノートブックに入れる、など。

ちなみに、この作業を瞬時レビューでやれば、日次レビューの負担を減らせます。

【参考】きちんと瞬時レビューをやって日次レビューを楽にする

3.「今日のよかったこと」を入力する

日記の上部に、今日のよかったことを入力します。

今日一日のよかったことに思いを巡らせることで、物事の良い面に意識を向ける訓練になるし、幸せを実感できるようになります。

4.ノートリンクを貼る

位置情報のMoves、天気、ツイエバのノートリンクを、日記上部に貼り付けます。

こうしておけば、あとから振り返るとき、この日記さえ見ればその日のログが一覧できるのです。

記録が活きるから、もっと記録したくなる

日記に記録してある内容は、自分の行動や思考から出てきたものです。

それは、自分にしか出すことのできない貴重なもの。

これを記録だけして、眠らせておくのはもったいないです。

記録を次の行動につなげることで、記録する価値を実感できます

そうすると、もっと記録しようという気持ちになり、自然と日記への入力が増えていきます

あとがき

この形にこだわる必要はありませんが、自分なりの日記を次の行動につなげる方法を考えてみることをおすすめします。

無料メルマガをはじめました!

毎日配信を基本として、1回の配信に1つのテーマでサクッと読める分量でお届けします。

自分らしく生きるための気づき、明るい家庭を築くための工夫、生活を楽しくするためのアイデアなど、私が自分らしい人生を歩むための「動き」を発信します。その小さな動きが、読者のみなさんの「動き」につながっていけばいいなと願っています。

▼登録はこちらから。

さいんぽすと無料メルマガ登録フォーム

メールアドレスと名前を入力して「登録」を押すと、仮登録メールが届きますので、記載されているURLをクリックして本登録となり、購読がはじまります。

コーチングのご案内

コーチングを受け付けています。

対面でも、遠方の方はSkypeでも対応できます。

無料の体験セッションもあるので、気軽にお問い合せください。

コーチングのご案内

現在、もっと短時間で気軽に受けられるコーチング「ファストコーチング」を提供しています。

くわしくはこちらをご覧ください。

コーチングをもっと身近に!「ファストコーチング」はじめます!

定期購読のご案内

記事をご覧いただきありがとうございます!

お役に立ちましたらシェアしてもらえるとうれしいです。

Facebookページに「いいね!」やTwitter&Feedlyに登録すれば、最新記事を定期購読できるので便利です。

下のボタンから登録できます。

follow us in feedly
スポンサーリンク