文章を書くのはどのツールがいい?アウトライナーかテキストエディタか。

スポンサーリンク


文章を書くとき、どのツールを使うかによって、完成までの時間や文体が変わってきます。

iPhoneかパソコンか。

アウトライナーかテキストエディタか。

以前は、「アウトライナーじゃないと文章が書けない」とアウトライナーを偏愛していましたが、最近は、テキストエディタで書く方が好きです。

この違いはどこからくるのだろう?

アウトライナーとテキストエディタの違い

私のイメージでは、アウトライナーが粘土で、テキストエディタが積み木です。

アウトライナーは、トピックの並べ替え、階層の移動、文の分割と結合が自由自在。

粘土をちぎって丸めてくっつけて、ぐにゃっと曲げてはつぶしてみたり、そうやって作品を形作っていきます。

一方のテキストエディタは、アウトライナーのように文章を自由に移動できないから、ある程度構成や流れを意識して書いていかないといけない。

最終的な形を意識して、どこにどの積み木を置くのか、考えながら作品を作っていきます。

アウトライナーは時間がかかるけど楽しい

アウトライナーを使ったときの方が、完成までに時間がかかることが多いです。

それは、構成や流れを意識せずに書いてしまい、あとから並べ替えて記事に仕立てあげていく作業が発生するからです。

また、トピックを移動するたびにもう一度文章の流れを整えたり、新しい文章が生まれたりすることも、時間がかかる要因のひとつ。

アウトライナーを使うと時間はかかるけど、アイデアがアイデアを呼び、当初想定していないような展開になることもあり、文章や考えをふくらませていくのはこちらの方が楽しいのです。

あとがき

同じ「文章を書く」という作業なのに、使うツールでこうも違ってくるのはおもしろいですね。

アウトライナーで書いてみたり、テキストエディタで書いてみたり、その時々で楽しいと思えるツールを使っていきます。

実は、この文章は、noteに投稿しようとnoteの投稿画面で書いていたところ、思いのほか文章がつながったので、ブログに投稿することにしたのです。

そう、noteでも書いています。ブログより軽い感じで書いているので、フォローしてみてください!
イチ (kumacharo115)|note

文章に関する記事、もう1本いかがですか?

何を書けばいいかわからない人のための「うまく」「はやく」書ける文章術 by 山口拓朗 ー 読者に貢献する文章を書くために必要なこと

書かずに文章がうまくなるトレーニング by 山口拓朗――自問自答トレーニングでブログの文章に深みを持たせる

ブログで使わないようにしている文字

ブログを短時間で投稿するためにWorkFlowyを使わない

ブロガーにおすすめ!アウトライナー「WorkFlowy」を使えばみるみる記事が完成していく!

無料メルマガをはじめました!

毎日配信を基本として、1回の配信に1つのテーマでサクッと読める分量でお届けします。

自分らしく生きるための気づき、明るい家庭を築くための工夫、生活を楽しくするためのアイデアなど、私が自分らしい人生を歩むための「動き」を発信します。その小さな動きが、読者のみなさんの「動き」につながっていけばいいなと願っています。

▼登録はこちらから。

さいんぽすと無料メルマガ登録フォーム

メールアドレスと名前を入力して「登録」を押すと、仮登録メールが届きますので、記載されているURLをクリックして本登録となり、購読がはじまります。

コーチングのご案内

コーチングを受け付けています。

対面でも、遠方の方はSkypeでも対応できます。

無料の体験セッションもあるので、気軽にお問い合せください。

コーチングのご案内

現在、もっと短時間で気軽に受けられるコーチング「ファストコーチング」を提供しています。

くわしくはこちらをご覧ください。

コーチングをもっと身近に!「ファストコーチング」はじめます!

定期購読のご案内

記事をご覧いただきありがとうございます!

お役に立ちましたらシェアしてもらえるとうれしいです。

Facebookページに「いいね!」やTwitter&Feedlyに登録すれば、最新記事を定期購読できるので便利です。

下のボタンから登録できます。

follow us in feedly
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。