小さなことをおろそかにすると生活全体が雑になる

スポンサーリンク
slproImg_201603300806410.jpg

しばらくの間、自分の生活をコントロールする力を失っている、と感じています。

タスクをこなすことができないところに、新たなタスクが増えてしまい、タスクに追われている感覚です。

お盆休みがあったから仕方ない、と言い訳したいところですが、それ以前からその傾向はあったので、連休の責任にして済む問題ではありません。

この原因がどこにあるのか、自分の生活を観察してみたところ、ある仮説が浮上してきました。

行動しないクセがついている

「小さなことをおろそかにすることで、生活全体が雑になっている」という仮説です。

小さなこととは、メモを取る、EvernoteのINBOXを整理する、靴をそろえる、毎日少し片付ける、という簡単にできる行動です。

それをやらないからといってすぐに問題が起こるわけではないけど、怠け癖がついてしまいます。

小さなタスクをサボることで、中くらいのタスクがめんどうになり、大きなタスクがもっとめんどうになる、というわけです。小さなことができないのに、それより大きいものができるわけありません。

タスクの先送りが増え、溜まったタスクに追われるようになってしまい、生活全体が雑になります。

小さなタスクを確実に完了する

この悪循環を断ち切るために、小さなタスクを確実に完了させることを意識してみます。

まずは、初心に帰って、メモを取ることからはじめます。

というのも、最近、タスクやアイデアを思いついてもすぐにメモせず忘れてしまう、ということを繰り返しているからです。

メモは、私の生活の基本です。タスクもブログもアイデアも、すべてはここからはじまります。

タスクやアイデアをすべてツールに預けている人は、記憶力が著しく低下します。そんな人がメモを取らないと悲惨なことになるのは、火を見るより明らかです。

【参考】タスク管理をはじめて、メモしないと高確率で忘れるようになった

小さなタスクを確実に完了させることで行動するクセを取り戻し、タスクに追われることなく、逆にタスクを追い回す生活を取り戻したいです。

あとがき

連休明けでやる気が皆無ですが、小さなタスクならできるはず。

小さなタスクをやっつけてリズムを取り戻すぞ!

コーチングのご案内

コーチングを受け付けています。

対面でも、遠方の方はSkypeでも対応できます。

無料の体験セッションもあるので、気軽にお問い合せください。

コーチングについて

定期購読のご案内

記事をご覧いただきありがとうございます!

お役に立ちましたらシェアしてもらえるとうれしいです。

Facebookページに「いいね!」やTwitter&Feedlyに登録すれば、最新記事を定期購読できるので便利です。

下のボタンから登録できます。

follow us in feedly
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。