子供に文字を書く楽しさを教えるためにやること

スポンサーリンク
slproImg_201606160740390.jpg

娘(5歳)は、ひらがなとカタカナを読むのは完璧なのですが、書くのはまだ覚えきれていません。

「あ」、「を」、「ぬ」が苦手なようです。くねくねしていて、覚えにくいのでしょう。

大人にとってはなんてことない作業ですが、右回りがあったり、左回りがあったり、くるくる回っていたり、たしかに難易度が高そうです。

幼稚園でドリルをやっているのですが、あまり好きではない様子。

毎日ブログを書いて、文章を書く楽しさを知っている私に協力できることはないかな、とアイデアを出してみました。

子供と交換日記をする

一緒にドリルをやることを思い付きましたが、これだと娘は楽しくない(ドリルが楽しくないのは多くの人が経験済みでしょう)し、私もめんどくさいです。

できれば、ただ単に文字を覚えるだけでなく、書く楽しさを知ってほしい、と考えています。

そこで、娘と交換日記をすることにしました。

毎日、ノートに一言メッセージを書き、それを娘が自分で読んで、返事を書くのです

メッセージだけだと飽きてしまうかもしれないので、クイズやなぞなぞ、絵を織り交ぜることも考えています。

毎日ブログを書くことに比べれば、一言メッセージを書くのは簡単だし、娘が読んでくれなかったり、返事をくれないとしても、これもブログで慣れていることです。(ブロガーはたくましいのです)

返事を強要することはしません。義務になると楽しくありませんから。

子供にとって、メッセージを書くというのは難しいかもしれないので、しばらく一人で書くつもりで、気長に待つことにします。

「お父さん、毎日楽しそうに書いてるな。自分も書いてみよう」、そんな風に思ってもらえることを期待しています。

私と娘が楽しそうに交換日記をしているのを見て、まだ文字を読めない息子(3歳)が、「自分もやりたい」と文字に興味を持ってくれないかな、という思惑もあります。

文章を書く楽しさを知ってほしい

私は、ブログを始めてから文章を書く楽しさを知りました。

自分の思いを形にして、人に伝え、反応をもらう。これが楽しいのです。

文章が得意か苦手かは、文章の楽しさを知っているか知らないかの差だと思います。

この交換日記がきっかけとなって、文章の楽しさを知ってもらえたらうれしいですね。

あとがき

昨日から始めたのですが、まだ返事はもらっていません。読んではいますけど。「あっ、忘れてた」って。

今朝も書いてきたので、どんな返事が書かれているのか、はたまた再びスルーされるのか、楽しみです。

子育てに関して、もう1本いかがですか?

子供との意見の対立を解決する方法

「親業」に学ぶ子どもとの接し方 by 近藤千恵 – 子供の自立を促すコミュニケーションをしよう!

家族が仲良くなるために、リビングをやすらげる場所にする

へんしんバイクは自転車デビューに最適!30分で自転車に乗れるようになった!

寝る前の子供との時間を充実させる3つの習慣

無料メルマガをはじめました!

毎日配信を基本として、1回の配信に1つのテーマでサクッと読める分量でお届けします。

自分らしく生きるための気づき、明るい家庭を築くための工夫、生活を楽しくするためのアイデアなど、私が自分らしい人生を歩むための「動き」を発信します。その小さな動きが、読者のみなさんの「動き」につながっていけばいいなと願っています。

▼登録はこちらから。

さいんぽすと無料メルマガ登録フォーム

メールアドレスと名前を入力して「登録」を押すと、仮登録メールが届きますので、記載されているURLをクリックして本登録となり、購読がはじまります。

コーチングのご案内

コーチングを受け付けています。

対面でも、遠方の方はSkypeでも対応できます。

無料の体験セッションもあるので、気軽にお問い合せください。

コーチングのご案内

現在、もっと短時間で気軽に受けられるコーチング「ファストコーチング」を提供しています。

くわしくはこちらをご覧ください。

コーチングをもっと身近に!「ファストコーチング」はじめます!

定期購読のご案内

記事をご覧いただきありがとうございます!

お役に立ちましたらシェアしてもらえるとうれしいです。

Facebookページに「いいね!」やTwitter&Feedlyに登録すれば、最新記事を定期購読できるので便利です。

LINE@をはじめました。読者のみなさんと双方向のコミュニケーションを取れる場です。質問、相談など気軽に話しかけてください。

下のボタンから登録できます。

友だち追加
follow us in feedly
スポンサーリンク