気づけば360個以上食べていた!セブンイレブン海賊むすびの5つ魅力

スポンサーリンク

セブンイレブンの「海賊むすび」を知っていますか?

地域限定(中国地方?)という情報もあるので、知らない人もいるかもしれません。

広島のセブンイレブンでは、山賊むすびと並んで海賊むすびが年中置かれています。

私は、会社の昼ご飯は海賊むすびと決めているので、毎日毎日食べていて、気づけば1年8ヶ月も食べ続けていました。ざっくり計算してみると、360個以上食べていることになります。

毎朝、同じセブンイレブンで海賊むすびだけを購入するので、店員さんの間で「海賊王」と呼ばれているとか、いないとか。

どうしてそんなに食べ続けるのか、と問われれば、「そこに海賊むすびがあるから」と答えますが、それでは伝わらないと思うので、海賊むすびの魅力を紹介しましょう。

海賊むすびってどんなの?

知らない人もいると思うので、まずは、海賊むすびをご覧にいれましょう。

▼山賊むすびより少し小さい。

▼のりはしっとりタイプで、最初から巻いてある。

▼具は、ツナ、辛子明太子、海老マヨネーズ、しそ昆布の4種類。

私が好きな具は、海老マヨネーズ、辛子明太子、ツナ、しそ昆布の順。

セブンイレブン 海賊むすびの5つの魅力

1.量が丁度いい

私は少食です。

少食の私がセブンイレブンの通常の弁当を食べると、お腹がいっぱいになってしまい、夕食の時間(19時)になってもお腹が空きません。空腹感のない食事はおいしさ半減です。

そんな私の胃袋には、山賊むすび1個や普通のおにぎり2個では少し多く、海賊むすび1個が絶妙なボリュームなのです。

昼ご飯にこれを1個食べておけば、ちょうど夕食の時間に空腹感がやってきます。空腹感は大事。

2.コスパがいい

ほどよくお腹を満たしてくれるのに、たったの200円です。しかも税込み。

とはいえ、いくら安くても味が悪ければ毎日食べることはできません。

その点、海賊むすびのおいしさは、私が360個も食べていることで証明されているでしょう。

3.荷物にならない

コストを抑えることを考えれば、家から弁当を持参することが一番だし、愛妻弁当を持参している時期もありました。

弁当を作ってほしいといえば、妻は作ってくれることでしょう。多分。

でも、弁当を持参するとなると、荷物が多くなります。できるだけ荷物は少なくしたいのです。

海賊むすびなら、行きに買って、帰りはなにもありません。

4.飽きない

そんなに毎日食べていたら飽きるだろう、と思われるかもしれませが、まったく飽きないんですね。不思議なことに。

たしかに、「昼ご飯はなにを食べようかな?」というワクワクはなく、たんたんと食べるだけです。

でも、「もう無理。見るのもイヤだ」という嫌悪感は湧きません。もはやそこにあることが当たり前の水みたいなものです。

どこからかじるかによって、どの具から始まってどの具で終わるかが決まります。

海老マヨネーズで終われば勝ち、しそ昆布で終わったら負けです。

「なにが出るかな?」というサイコロを振るようなドキドキ感が、飽きない秘密なのかもしれません。

5.すばやく食べられる

昼休憩は、貴重な一人の時間です。その時間をできるだけ多く確保したいのです。

昼ご飯を海賊むすびでさくっと済まし、好きなことをやることにしています。

ブログを書いたり、海外ドラマを観たり、本を読んだり。

自分の時間を作るために、海賊むすびが活躍してくれているのです。

あとがき

食べたことない人は、一度試してみてはいかがですか?おいしいですよ。

以上、「日本一海賊むすびを食べている」という自負心とともに、海賊王がお送りしました。

無料メルマガをはじめました!

毎日配信を基本として、1回の配信に1つのテーマでサクッと読める分量でお届けします。

自分らしく生きるための気づき、明るい家庭を築くための工夫、生活を楽しくするためのアイデアなど、私が自分らしい人生を歩むための「動き」を発信します。その小さな動きが、読者のみなさんの「動き」につながっていけばいいなと願っています。

▼登録はこちらから。

さいんぽすと無料メルマガ登録フォーム

メールアドレスと名前を入力して「登録」を押すと、仮登録メールが届きますので、記載されているURLをクリックして本登録となり、購読がはじまります。

コーチングのご案内

コーチングを受け付けています。

対面でも、遠方の方はSkypeでも対応できます。

無料の体験セッションもあるので、気軽にお問い合せください。

コーチングのご案内

現在、もっと短時間で気軽に受けられるコーチング「ファストコーチング」を提供しています。

くわしくはこちらをご覧ください。

コーチングをもっと身近に!「ファストコーチング」はじめます!

定期購読のご案内

記事をご覧いただきありがとうございます!

お役に立ちましたらシェアしてもらえるとうれしいです。

Facebookページに「いいね!」やTwitter&Feedlyに登録すれば、最新記事を定期購読できるので便利です。

LINE@をはじめました。読者のみなさんと双方向のコミュニケーションを取れる場です。質問、相談など気軽に話しかけてください。

下のボタンから登録できます。

友だち追加
follow us in feedly
スポンサーリンク