記録するだけでうまくいく!子供の夜のトイレトレーニングを成功させた方法

スポンサーリンク

子供のトイレトレーニングって難しいですよね。

昼間のトイトレでも十分難易度高いけど、さらに難易度跳ね上がるのが夜のトイトレ。子供も親も寝てますから。

ハラハラドキドキしながら、子供を信じて寝るしかありません。

失敗したときのダメージが大きいのも、夜トイトレを難しくする要因です。布団が濡れてしまうと大変。

怒ってはいけない、と思いながらも、イライラを抑えられません。

今回は、我が家でやった夜トイトレの方法を紹介します。

子供と一緒に記録を付ける

まずは子供と一緒に記録を取ることから始めました。

記録する項目は2つ。

  1. 寝る前にトイレに行ったか?
  2. 朝起きたときに漏れてないか?

このような表を作って、「◯×」を付けていきます。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-19-5-43-59

寝る前にトイレに行ったら◯、行かなかったら×、起きたときしっこが漏れていなければ◯、漏れていれば×。左の欄が朝で、右が夜です。

私は、Evernoteに表を作りましたが、紙のノートでもなんでも好きなツールでいいです。子供と一緒に使えるものが望ましいでしょう。

寝る前にトイレに行って、iPhoneで一緒に◯を付けていました。

記録することが楽しくなるように、子供の一言コメントを入力する工夫をしました。(今見ると若干意味不明なコメントもありますが)

しばらく続けていると、子供の方から「お父さん、◯は」と言ってくるようになりました。(お父さんが忘れてる)

少しずつレベルアップする

いきなりおむつをやめてパンツにするのはハードルが高すぎるので、最初はおむつのままで少しずつ難易度を上げていきました

  • 【レベル1】寝る前にトイレに行く習慣を作る(まだおむつ)
  • 【レベル2】朝しっこが漏れていない連続記録に挑戦(まだおむつ)
  • 【レベル3】ある程度連続記録が達成できたらパンツに挑戦

記録がなかったら、失敗ばかりが目について、イライラして怒ってしまいます。

でも、記録があることで、これまで積み重ねてきた成功の軌跡が見えるので、少しの失敗には寛容になれるのです

口うるさく言わなくても記録を続けてるだけで、自然とおねしょの回数が減っていきます

コントロールできることに集中する

夜トイトレでは、親にコントロールできることは非常に限られています。

逆にいえば、そこを気をつけてあげれば、成功率はぐんと高くなるということです。

寝る前にトイレに連れていく

親にコントロールできることといえば、寝る前にトイレに連れていくこと、途中で起こすことくらいです。(途中で起こすのはやめた方がいいという情報もあります)

そこで、寝る前にトイレに行くことを習慣付けることから始めたのです。

今では当たり前のように自分から寝る前にトイレに行きますが、最初はそれすら嫌がっていました。

夕方以降の水分調整

当たり前ですが、寝る前にたくさん水を飲むとおねしょの可能性は高くなります。

経験では、寝る前だけではなく、夕方以降の水分摂取がおねしょに影響を与えます。

味の濃い料理を食べたとき、ジュースを飲んだときは、水をたくさん飲みたがるので注意が必要です。

失敗したときの対策

上記のようにやったとしても、失敗はあります。人間だもの。

失敗したときのダメージを最小限にするための対策をやっておけば、失敗しても子供を怒ることを避けられます。(夜トイトレの失敗を怒るのは逆効果です)

布団全面をカバーできる防水シーツがあれば安心です。

子供は寝相が悪いため、一部分だけの防水シーツでは外れる恐れがあります。

防水シーツがあれば、失敗してもシーツと防水シーツだけ洗えばいいので、ずいぶん楽になります。

あとがき

トイトレは子育ての中でも、難易度の高いイベントです。

少しでも負担を少なくして、ストレスを軽くしたいもの。

この方法なら、基本的には記録するだけで簡単なので、試してみてください。

無料メルマガをはじめました!

毎日配信を基本として、1回の配信に1つのテーマでサクッと読める分量でお届けします。

自分らしく生きるための気づき、明るい家庭を築くための工夫、生活を楽しくするためのアイデアなど、私が自分らしい人生を歩むための「動き」を発信します。その小さな動きが、読者のみなさんの「動き」につながっていけばいいなと願っています。

▼登録はこちらから。

さいんぽすと無料メルマガ登録フォーム

メールアドレスと名前を入力して「登録」を押すと、仮登録メールが届きますので、記載されているURLをクリックして本登録となり、購読がはじまります。

コーチングのご案内

コーチングを受け付けています。

対面でも、遠方の方はSkypeでも対応できます。

無料の体験セッションもあるので、気軽にお問い合せください。

コーチングのご案内

現在、もっと短時間で気軽に受けられるコーチング「ファストコーチング」を提供しています。

くわしくはこちらをご覧ください。

コーチングをもっと身近に!「ファストコーチング」はじめます!

定期購読のご案内

記事をご覧いただきありがとうございます!

お役に立ちましたらシェアしてもらえるとうれしいです。

Facebookページに「いいね!」やTwitter&Feedlyに登録すれば、最新記事を定期購読できるので便利です。

LINE@をはじめました。読者のみなさんと双方向のコミュニケーションを取れる場です。質問、相談など気軽に話しかけてください。

下のボタンから登録できます。

友だち追加
follow us in feedly
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。