自分が覚えられてないことにショックを受けて、自分の心の成長に気づいた話

スポンサーリンク

先日、とあるイベントに参加したときにショックな出来事があり、そのときの自分の心の動きが興味深いものでした。

このイベントには、半年前に一度だけ会ったことのある人が数人いました。

「半年前のことだから、もしかしたら覚えられてないかもなー」という一抹の不安と、「でも、自分は覚えてるから相手も少しは記憶にあるかも」というわずかな期待を胸に秘め、イベントにのぞみました。

結果的には覚えられてない人の方が多かったです。

「半年前に一度会っただけだから、そうなるのも無理ないよね」と自分を納得させますが、やはりショックは隠しきれません。

とはいえ、覚えてくれていない相手を責める気持ちはまったくなく、覚えられないのは自分の行動の結果だ、と改めて感じました。

私は、初めての人に対して自分から前に出てペラペラとしゃべって自分をアピールするタイプではなく、話しかけられるのを待っているタイプです。初対面の人に話しかけるのが、ものすごく苦手。

半年前もそうだし、今回もそのような態度でした。恥ずかしながら、この点ではまったく成長してないんですね。

でも、この状況を体験した自分の心のあり方は、以前より大きく成長していることに気づきました。

昔の自分なら覚えられていないことにショックを受けて、「自分はなんてダメなんだ」と自分を責め、「もう二度と知り合いがいない場にはいかない」と卑屈になっていたでしょう。

今回は、少しばかりショックを感じたものの、すぐに「まあいいや。これが自分だ」と気持ちを前向きに切り替えることができました。得意の前向きな開き直りです。

前より自己肯定感が高くなったな、と感じました。

印象に残りにくいのは私の態度に原因があることは明らかですが、それを真逆のものに変えようとするのは正直しんどいです。少しずつ改善していくことは必要かもしれませんが、今すぐどうこうできるものではありません。

それに、多くの人に印象に残ることはないけど、一人でも新しいつながりが生まれたり、そのイベントから得られるものがあることが大切。

自己否定して前に進むのをやめれば傷つくことはないけれど、その代わりに得られるはずのものも手放してしまう。傷だらけになりながらも歩みを進めていけば、きっと道は開けるはず。

これにめげることなく、これからもいろんなイベントに参加していこう、と決意を新たにしました。

コーチングのご案内

日々の生活の満足度はどれくらいですか?

今よりも満足度が上がったとしたら、どんな自分になれるでしょうか?

コーチングは、コーチとクライアントの1対1の対話を通じて、クライアントがより充実感にあふれ、よりバランスの取れた、より味わい深い人生を歩んでいくことを目指すものです。

一緒にあなたのまだ気づいていない可能性を見にいきませんか?

対面でも、遠方の方はビデオチャットZOOMやSkype(映像なし)でも対応できます。

無料の体験セッションもあるので、気軽にお問い合せください。

▼くわしくはこちら。

コーチングのご案内

無料メルマガをはじめました!

毎日配信を基本として、1回の配信に1つのテーマでサクッと読める分量でお届けします。

自分らしく生きるための気づき、明るい家庭を築くための工夫、生活を楽しくするためのアイデアなど、私が自分らしい人生を歩むための「動き」を発信します。その小さな動きが、読者のみなさんの「動き」につながっていけばいいなと願っています。

▼登録はこちらから。

さいんぽすと無料メルマガ登録フォーム

メールアドレスと名前を入力して「登録」を押すと、仮登録メールが届きますので、記載されているURLをクリックして本登録となり、購読がはじまります。

定期購読のご案内

記事をご覧いただきありがとうございます!

お役に立ちましたらシェアしてもらえるとうれしいです。

Facebookページに「いいね!」やTwitter&Feedlyに登録すれば、最新記事を定期購読できるので便利です。

LINE@をはじめました。読者のみなさんと双方向のコミュニケーションを取れる場です。質問、相談など気軽に話しかけてください。

下のボタンから登録できます。

▼Feedlyの登録はこちら。

follow



▼LINE@の登録はこちら。

友だち追加

▼Twitterのフォローはこちら。


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。