さよなら新型ポメラDM200。手放すことにした理由。

スポンサーリンク
slproImg_201610242127450.jpg

発売早々に購入した新型ポメラDM200。

【参考】新型ポメラDM200を買いました!購入の決め手とポメラSync、親指シフトの使用感を紹介します!

「これがあればいつでもどこでも気軽に文章が書ける!」と大はしゃぎしていたのですが、どうにも自分の使い方には合わず、手放すことにしました。

受け入れられなかったポイント

私の使い方に合わなかったポイントを紹介します。

親指シフトのキー配列が使いづらい

使いづらいのはキーボードに慣れていないからで、しばらく使っていれば、息をするように打てるようになる、と信じて使い続けていました。

でも、キーボードに慣れることはなく、次第にポメラを開くことさえイヤになってしまいました。

その原因は、私が親指シフトを使っているからです。

親指のキーは、左親指が無変換とSpace、右親指が変換とSpceから選べる。

私の好みとしては左親指をSpaceにしたいのだけど、そうすると無変換とSpaceの機能まで入れ替わってしまうのだ。

具体的にいうと、左親指をSpaceにすると、スペースを入力するときや変換するときに「無変換」を押さなければいけない。

新型ポメラDM200を買いました!購入の決め手とポメラSync、親指シフトの使用感を紹介します! より

このキー配列がまったく馴染めませんでした。

左親指が、無変換とSpaceを行ったり来たりしなければならず、タイプミスを繰り返してしまいます。

ローマ字入力ならこういう問題はないのですが、親指シフトがなじんでいるので、今さらローマ字入力には戻れません。

ポメラSyncに手間がかかりすぎる

iPhoneのメモと同期できることを期待していたポメラSync。

このポメラSync、毎回手動で同期しないといけないし、1回の同期に50秒くらい時間がかかるのです。

EvernoteやDropboxの同期に慣れた私の身体は、ポメラSyncの同期の手間に耐えられませんでした。

同期がめんどくさいからiPhoneでいいや、という気持ちになってしまいました。

期待が大きかった機能だけに、がっかりする気持ちが大きいです。

ポメラを手放してMacBookを購入

ポメラは合わなかったけど、「いつでもどこでも気軽に文章を書きたい」という気持ちはあるので、現在使っているMacBook Airを12インチMacBookに買い替えました。

これからは、MacBookを相棒にして連れて歩きます。MacBook、ほんと薄くて軽い!

あとがき

ローマ字入力で、ポメラSyncの必要がない人にとっては、ポメラDM200はいい端末なのだと思います。

でも、そうなると無線LANが付いている必要はないのかも。

無料メルマガをはじめました!

毎日配信を基本として、1回の配信に1つのテーマでサクッと読める分量でお届けします。

自分らしく生きるための気づき、明るい家庭を築くための工夫、生活を楽しくするためのアイデアなど、私が自分らしい人生を歩むための「動き」を発信します。その小さな動きが、読者のみなさんの「動き」につながっていけばいいなと願っています。

▼登録はこちらから。

さいんぽすと無料メルマガ登録フォーム

メールアドレスと名前を入力して「登録」を押すと、仮登録メールが届きますので、記載されているURLをクリックして本登録となり、購読がはじまります。

コーチングのご案内

コーチングを受け付けています。

対面でも、遠方の方はSkypeでも対応できます。

無料の体験セッションもあるので、気軽にお問い合せください。

コーチングのご案内

現在、もっと短時間で気軽に受けられるコーチング「ファストコーチング」を提供しています。

くわしくはこちらをご覧ください。

コーチングをもっと身近に!「ファストコーチング」はじめます!

定期購読のご案内

記事をご覧いただきありがとうございます!

お役に立ちましたらシェアしてもらえるとうれしいです。

Facebookページに「いいね!」やTwitter&Feedlyに登録すれば、最新記事を定期購読できるので便利です。

LINE@をはじめました。読者のみなさんと双方向のコミュニケーションを取れる場です。質問、相談など気軽に話しかけてください。

下のボタンから登録できます。

友だち追加
follow us in feedly
スポンサーリンク

2 件のコメント

  • マックブックで、親指シフトができるのですか?
    親指シフトに興味があり、その点のみで、ポメラ購入を検討しているのですが・・・
    コメントでは、使いにくいとのことで、迷ってます。

    • MacBookでは、「Lacaille」というアプリで親指シフトを使っています。
      【参考】https://mono96.jp/archives/28637

      ポメラの親指シフトは、PCのように自由にキー配列を変更できないため、PCとポメラでキーが変わってしまうのが使いにくかったです。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。