「◯◯さん」からいつ、どうやって親しみのある呼び方に変えていいのか分からない

スポンサーリンク
slproImg_201610100656540.jpg

人見知りな私は、新たに知り合った人に対してどこまで踏み込んでいっていいものか、その距離感が分かりません。

距離感といっても物理的な距離ではなく、気持ち的な距離です。

たとえば、相手の呼び方。

初対面なら、まずは苗字で「◯◯さん」と呼びますが、どれだけ交流が続こうと、自分からはそこから先のニックネームや親しみのある呼び方には進めないのです。

コミュニケーション能力の高い人を見ると、気づけばニックネームで呼んでいて、「あれ、いつの間に」と驚かされます。

この傾向は、年上でも年下でも変わらず、年下の人にもずっと「◯◯さん」と敬語で話しています。(そもそも年齢による上下関係を作るのが好きじゃないというのが根底にある)

その呼び方や敬語で話すことがイヤなわけではないから別に問題ありませんが、これによって一定以上仲良くなれない壁があるのかもしれないと考えたりします。

この文章を書きながら、1つ解決策を思い付きました。

もういっそのこと相手に聞いちゃうというのはどうでしょう?

  • 「なんと呼んだらいいですか?」や「なんと呼ばれたいですか?」
  • 「敬語で話さなくてもいいですか?」

分からないなら分からないと正直に打ち明けた方が楽なのかもしれません。

「敬語で話さなくてもいいですか?」と聞かれてダメと言える人はなかなかいないでしょうけど。

それか、少しずつタメ口の割合を増やしていって、気づいたら全部タメ口になってたみたいな。

コミュニケーションは難しい。

あっ、ちなみに、私はどれだけ年下であろうと、タメ口で話されても気分を害さないので、お気軽にタメ口で話してもらって大丈夫です。むしろ、その方がいいです。

無料メルマガをはじめました!

毎日配信を基本として、1回の配信に1つのテーマでサクッと読める分量でお届けします。

自分らしく生きるための気づき、明るい家庭を築くための工夫、生活を楽しくするためのアイデアなど、私が自分らしい人生を歩むための「動き」を発信します。その小さな動きが、読者のみなさんの「動き」につながっていけばいいなと願っています。

▼登録はこちらから。

さいんぽすと無料メルマガ登録フォーム

メールアドレスと名前を入力して「登録」を押すと、仮登録メールが届きますので、記載されているURLをクリックして本登録となり、購読がはじまります。

コーチングのご案内

コーチングを受け付けています。

対面でも、遠方の方はSkypeでも対応できます。

無料の体験セッションもあるので、気軽にお問い合せください。

コーチングのご案内

現在、もっと短時間で気軽に受けられるコーチング「ファストコーチング」を提供しています。

くわしくはこちらをご覧ください。

コーチングをもっと身近に!「ファストコーチング」はじめます!

定期購読のご案内

記事をご覧いただきありがとうございます!

お役に立ちましたらシェアしてもらえるとうれしいです。

Facebookページに「いいね!」やTwitter&Feedlyに登録すれば、最新記事を定期購読できるので便利です。

LINE@をはじめました。読者のみなさんと双方向のコミュニケーションを取れる場です。質問、相談など気軽に話しかけてください。

下のボタンから登録できます。

友だち追加
follow us in feedly
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。