バルミューダ ザ・ポット – インテリアにもなるおしゃなコーヒーポット

スポンサーリンク

ドリップコーヒーに興味を持ちはじめ、毎日ハンドドリップでコーヒーを入れています。

【参考】奥深きドリップコーヒーの世界に足を踏み入れてみる

ハンドドリップがすっかり習慣になったので、そろそろ道具にもこだわっていくことにしました。(道具を揃えたのにやめてしまったとなりそうだったから)

何よりもほしかったのがコーヒーポット。

今までコーヒーポットを使ったことがなかったので、「本当にそんなにいいの?」と半信半疑でしたが、普通のやかんで入れるとお湯のコントロールが難しいのも事実。というわけで、コーヒーポットを試してみることにしました。

コーヒーポットにもいろんな種類があって迷いましたが、デザインがおしゃれなこと、トースターがお気に入りなことから、バルミューダのザ・ポットを購入しました。

【参考】バルミューダ ザ・トースターを購入!「感動のトースト」で気持よく一日をスタートできる!

部屋になじむデザインがいい!

それではザ・ポットを開封していきます。

▼私好みの立方体の箱に入っています。

▼個人的には黒が好きだけど、部屋の雰囲気を考えて白。

他にも機能的に良さそうなものはありましたが、はじめてのコーヒーポットということもあり、部屋に置きたいデザインで選びました。

▼BALMUDAのロゴ

▼内容物は、ポット、電源ベース、説明書。

▼注ぎ口が細くなっていて、湯量をコントロールしやすく、液垂れしない工夫がされています。

▼美しいライン。

▼電源ベースに置き、持ち手の下にあるレバーを下げると電源が入り、お湯が沸くと自動的に切れます。

▼お湯を沸かしている間、温かみのあるオレンジ色のライトが点灯します。ライトが消えたらお湯が沸いた合図。

▼持ち手上部は、親指を引っ掛けられるように凹んでいて持ちやすい。

▼ポットの内側。

ポット内部には、最小水量200mlと最大水量600mlの目印があるのですが、水を入れながらだと若干見にくいと感じました。

使ってみた感想

コーヒーポットを使うのがはじめてなので、他のコーヒーポットと比較しての感想はいえませんが、普通のヤカンからザ・ポットになった感想を紹介します。

お湯のコントロールがしやすい

普通のヤカンでお湯を注ぐと、ゆっくり慎重にヤカンを傾けたとしても、湯量が安定しないし、狙ったところに落とすことができません。

コーヒーは、湯の注ぎ方で味が変わるので、これは致命的です。

ザ・ポットだと、傾きによって、線のように細く出したり、一気に注いだりできます。細く出すときは、湯が真下に落ちるので、狙ったところに注げます。

とはいえ、最初はポットの重さや特性が身体に馴染んていないので、完璧に湯をコントロールできるとはいえません。これは使っていくうちに身体が覚えていくでしょう。

コンロを使わなくてもいい

コンロを使わずコンセントさえあればどこでもお湯が沸かせるから、自宅だけでなく外出先でもおいしいコーヒーを入れることができます。

ポットが熱いからやけどに注意

白で涼し気な雰囲気を醸し出していますが、お湯が沸いているとき、ポットの持ち手と蓋以外の部分がとても熱くなっています。

下手に触るとやけどしてしまうレベルの熱さ。うっかり手が当たらないように注意が必要です。

あとがき

普通のヤカンを使っていて、「コーヒーポットっている?」と思っている人、コーヒーポットは必要です。

コーヒーの味がおいしくなるし、お湯を注ぐのが楽しくなります。

他にもお手頃価格のものもあるので、ひとつはコーヒーポットを持っていた方がいいでしょう。

無料メルマガをはじめました!

毎日配信を基本として、1回の配信に1つのテーマでサクッと読める分量でお届けします。

自分らしく生きるための気づき、明るい家庭を築くための工夫、生活を楽しくするためのアイデアなど、私が自分らしい人生を歩むための「動き」を発信します。その小さな動きが、読者のみなさんの「動き」につながっていけばいいなと願っています。

▼登録はこちらから。

さいんぽすと無料メルマガ登録フォーム

メールアドレスと名前を入力して「登録」を押すと、仮登録メールが届きますので、記載されているURLをクリックして本登録となり、購読がはじまります。

コーチングのご案内

コーチングを受け付けています。

対面でも、遠方の方はSkypeでも対応できます。

無料の体験セッションもあるので、気軽にお問い合せください。

コーチングのご案内

現在、もっと短時間で気軽に受けられるコーチング「ファストコーチング」を提供しています。

くわしくはこちらをご覧ください。

コーチングをもっと身近に!「ファストコーチング」はじめます!

定期購読のご案内

記事をご覧いただきありがとうございます!

お役に立ちましたらシェアしてもらえるとうれしいです。

Facebookページに「いいね!」やTwitter&Feedlyに登録すれば、最新記事を定期購読できるので便利です。

LINE@をはじめました。読者のみなさんと双方向のコミュニケーションを取れる場です。質問、相談など気軽に話しかけてください。

下のボタンから登録できます。

友だち追加
follow us in feedly
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。