子供たちと初めてのボウリングを楽しんだ!

昨日、かなり久しぶりにボウリングをやって右手が筋肉痛です。

急に娘が「ボウリングをやってみたい」と言い出し、私も前から連れていってあげたいと思っていたので、子供たち3人を引き連れて行ってきました。

娘はYouTubeでボウリングを知ったみたいです。うちの子の情報源は、大体YouTube。

広電ボウルで子供とボウリング

向かったのは広島市中区にある広電ボウル。パッと頭に浮かんで、初めての訪問。

日曜日で結構人が多く、次の予約が入っているから50分しか時間がありませんでした。

こういう風に遊びに時間制限のあるシチュエーションは嫌いなんですよね。もっとのんびりしたいのに。行くのが遅いから仕方ないけど。

時間がないので、さっさとゲームスタート。

娘(6歳)、息子(3歳)、私の3人で勝負。末っ子の娘(1歳)は見学、本人はやる気満々だけど。

子供たちは一番軽い6ポンドのボールを使います。一番軽いとはいえ、子供には重いようで、ちょっと危なっかしい。

子供たちは、ガーター防止バーを使います。これがないとガーターばかりになって、まったくおもしろくないでしょう。

ガーター防止バーを初めて使用して、プレイヤーごとに自動で出たり引っ込んだりすることにちょっと感動。

子供たちは、思い思いのフォームで自由に投げます。(上から投げないようにとだけ教えた)

子供たちの投げるボールは、右へ左へふらふらと、ゆっくりのんびり転がって、静かにピンを倒していきます。今まで友達とやってきたボウリングとは、ずいぶん違った雰囲気。

私は、末っ子を小脇に抱えて投球。まだ自分で投げられない末っ子にも、ボウリングに参加している感じを体験させてあげたかったので。(久しぶりのボウリングなので、良い成績が出なかったときの言い訳にもなるし)

途中から、子供の投球を補助するすべり台のようなツールがあることに気づき、それを使うと子供たちでも難なくボールを転がせていました。

私は制限時間が気になってゆっくりできなかったけど、子供たちは「またボウリング行きたい」と楽しんだようです。

子供たちには、できるだけいろんな遊びを体験させてあげたいですね。

コーチングのご案内

日々の生活の満足度はどれくらいですか?

今よりも満足度が上がったとしたら、どんな自分になれるでしょうか?

コーチングは、コーチとクライアントの1対1の対話を通じて、クライアントがより充実感にあふれ、よりバランスの取れた、より味わい深い人生を歩んでいくことを目指すものです。

一緒にあなたのまだ気づいていない可能性を見にいきませんか?

対面でも、遠方の方はビデオチャットZOOMやSkype(映像なし)でも対応できます。

無料の体験セッションもあるので、気軽にお問い合せください。

▼くわしくはこちら。

コーチングのご案内

定期購読のご案内

記事をご覧いただきありがとうございます!

お役に立ちましたらシェアしてもらえるとうれしいです。

Facebookページに「いいね!」やTwitter&Feedlyに登録すれば、最新記事を定期購読できるので便利です。

LINE@をはじめました。読者のみなさんと双方向のコミュニケーションを取れる場です。質問、相談など気軽に話しかけてください。

下のボタンから登録できます。

▼Feedlyの登録はこちら。

follow



▼LINE@の登録はこちら。

友だち追加

▼Twitterのフォローはこちら。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。