子供とケンカしたとき、より良い関係を築くためにやったこと

スポンサーリンク

「全然好きなものがないー」夕食のおかずに不満をもらす娘(6歳)に、イライラした私は「好きなものないなら食べなくていい」と冷たく言い放ちました。

私は、料理に対して文句をいうことに、すごくイライラしてしまうのです。

その原因は、私の子供の頃にあります。

というのも、私が同じことをやって母に怒られたことがあるからです。

母が仕事から帰ってから作ってくれた夕食に対して、「今日これだけ?」と不満を露わにしたところ、「じゃあ食べんでいい!」と強く怒られました。

仕事から疲れて帰ってきて、ようやく夕食の支度を作ったのに、そんな言葉をかけられたらイライラもしますよね。

この経験が強く印象に残っていて、「人が作ってくれた料理に文句をいってはダメ」という考えが私の中に植え付けられました。

だから、妻の作った料理に文句をいう娘にイライラしてしまうのです。過去の自分がフラッシュバックするのかもしれません。

私の冷たい言葉に泣き出す娘、泣き声でさらにイライラする私、口喧嘩のような状態になってしまいました。(今思えば、我ながら大人げないなー)

文句をいわれた張本人なのに冷静な妻が、間を取り持ってくれ、とりあえずその場は収束しました。

せっかく作ってくれた料理を一口も食べることなく文句をいうのは、褒められたものではありませんが、それを冷たく突き放すような私の対応はもっとまずかった。子供が学ぶ機会を奪っています。

お互いの気持ちを確認し、これからを考える

自分の対応がよくなかったなと反省して、翌朝、娘と2人で話しをしました。

  • 娘がどんな気持ちだったのか
  • 私がどうして怒ったのか
  • 私の言い方が悪かったこと
  • 私も子供の頃同じことをして怒られたこと
  • これからどうしていくか

目線を同じ高さにしてからの冷静な話し合いです。

娘の表情から、自分の気持ちを私に理解してもらえたという安心感が垣間見え、うれしそうな笑顔が戻ってきました。

これからやることとして、次のよゔなアイデアを出しました。

  • 自分の好きなものをお母さんに伝えること
  • 好きなものを伝えることで、献立に困るお母さんの助けになる可能性があること
  • ただし、いつでも対応できるわけではないこと

「ところで、何が好きなん?」と質問したところ、「ハンバーグと玉子焼きとトマト」という答え。

この答えを聞いて、昨日怒っていた自分がはずかしくなりました。

娘は、決して特別な料理を出せと言っているわけではなく、トマトでよかったのです。

思えば口喧嘩のあと、妻が出したプチトマトを、娘はうれしそうにパクパク食べ、文句を言っていた料理も食べていました。

親子喧嘩をチャンスに変える

親だって人間です。子供に対して、いつでも理想の対応ができるわけではなく、理不尽に怒ってしまうこともあります。

怒ってしまった直後は、言い過ぎたと思っていても、なかなか冷静になって話せないかもしれませんが、少し冷却期間を置けば落ち着いて話すことができます。

時間を置いてお互いの気持ちを話し合えば、それまでとは違った景色が見えてくるものです。

親子でケンカをするのは悪いことばかりではなく、より良い関係を築くチャンスにもなります。

そう考えると、ケンカしっぱなしはちょっともったいないですね。

無料メルマガをはじめました!

毎日配信を基本として、1回の配信に1つのテーマでサクッと読める分量でお届けします。

自分らしく生きるための気づき、明るい家庭を築くための工夫、生活を楽しくするためのアイデアなど、私が自分らしい人生を歩むための「動き」を発信します。その小さな動きが、読者のみなさんの「動き」につながっていけばいいなと願っています。

▼登録はこちらから。

さいんぽすと無料メルマガ登録フォーム

メールアドレスと名前を入力して「登録」を押すと、仮登録メールが届きますので、記載されているURLをクリックして本登録となり、購読がはじまります。

コーチングのご案内

コーチングを受け付けています。

対面でも、遠方の方はSkypeでも対応できます。

無料の体験セッションもあるので、気軽にお問い合せください。

コーチングのご案内

現在、もっと短時間で気軽に受けられるコーチング「ファストコーチング」を提供しています。

くわしくはこちらをご覧ください。

コーチングをもっと身近に!「ファストコーチング」はじめます!

定期購読のご案内

記事をご覧いただきありがとうございます!

お役に立ちましたらシェアしてもらえるとうれしいです。

Facebookページに「いいね!」やTwitter&Feedlyに登録すれば、最新記事を定期購読できるので便利です。

LINE@をはじめました。読者のみなさんと双方向のコミュニケーションを取れる場です。質問、相談など気軽に話しかけてください。

下のボタンから登録できます。

友だち追加
follow us in feedly
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。