人間関係の壁を取り払う!【大下千恵さんコーチング No.5】

スポンサーリンク

プロコーチ大下千恵さん(@yawn_c)による5回目のコーチングを受けました。

【参考】ようやくプロコーチ大下千恵さんのコーチングを受けました!【導入セッション】

いろいろと話したいテーマがあって迷いましたが、今回は、自分の人間関係のうまくいってない部分をテーマにしました。

前回の振り返り

前回の課題はこちら。

  1. ワークショップを自主開催する
  2. 広島ぶろがー会でワークショップをやる
  3. 広島ぶろがー会で司会進行をやる

2と3は、まだ実行してなくて、1は、ワークショップ開催の告知をしたものの、人が集まらず中止となってしまいました。

【参考】初めてのワークショップは参加者が集まらず!この失敗から得られたもの

ワークショップは失敗に終わりましたが、ただの失敗で終わってはいません。この経験があったからこそ気づけたものがあります。

もっとリアルの人間関係を深める必要があることに気づきました。ワークショップ開催の前にもう一段階やるべきことがありました。

今後は、段階を踏んでワークショップにつなげていきます。まだあきらめてはいません。

今回気づいたこと

今回のテーマは、「どうして人との間に壁を作ってしまうのか?」にしました。

私は、新しい人と出会ったとき、一定の距離を置いてしまい、そこから踏み込んでいくことができません。決して仲良くなりたくないわけではなく、もっと話しを聞いてみたいという興味はあるんです。

でも、相手はそんな風に思ってないかもしれないと、相手との間に壁を作ってしまい、身動きが取れなくなってしまいます。相手から来るのは拒まないけど、こちらからは踏み込んでいけません。

自分の言葉や行動が原因で相手に嫌われてしまうのではないか、という不安があるようです。だから、壁を作って一定の距離を置いて傷つかないようにしているのです。

これからやること

セッションを通じて、「壁を作っているときの自分」と「壁がないときの自分」の違いに気づきました。

壁を作っているときは、身体に力が入っていて不安がありますが、壁がないときは、ゆったりとリラックスして自然体で、「自分なら大丈夫」という安心感があります。

というわけで、今回の課題は、「壁のないときの自分で人と会ってみる」。

壁を作りにくい場所や状況があるので、それを使って人に会ってみます。

これを書きながら思ったのは、たとえ理想的な場所や状況ではないとしても、事前にそれをイメージしておけば今までとは違うコミュニケーションができそうな気がします。

あとがき

今回は完全に深掘りしきれてなくて、まだ何かが残っている感じですが、これから課題を実行したり、内省することで、少しずつ見えてくるかなと思います。

▼大下千恵さんのブログはこちら。

ミライ・ヘムカウ – 想定の範囲内から、想定できなかった毎日へ。

無料メルマガをはじめました!

毎日配信を基本として、1回の配信に1つのテーマでサクッと読める分量でお届けします。

自分らしく生きるための気づき、明るい家庭を築くための工夫、生活を楽しくするためのアイデアなど、私が自分らしい人生を歩むための「動き」を発信します。その小さな動きが、読者のみなさんの「動き」につながっていけばいいなと願っています。

▼登録はこちらから。

さいんぽすと無料メルマガ登録フォーム

メールアドレスと名前を入力して「登録」を押すと、仮登録メールが届きますので、記載されているURLをクリックして本登録となり、購読がはじまります。

コーチングのご案内

コーチングを受け付けています。

対面でも、遠方の方はSkypeでも対応できます。

無料の体験セッションもあるので、気軽にお問い合せください。

コーチングのご案内

現在、もっと短時間で気軽に受けられるコーチング「ファストコーチング」を提供しています。

くわしくはこちらをご覧ください。

コーチングをもっと身近に!「ファストコーチング」はじめます!

定期購読のご案内

記事をご覧いただきありがとうございます!

お役に立ちましたらシェアしてもらえるとうれしいです。

Facebookページに「いいね!」やTwitter&Feedlyに登録すれば、最新記事を定期購読できるので便利です。

LINE@をはじめました。読者のみなさんと双方向のコミュニケーションを取れる場です。質問、相談など気軽に話しかけてください。

下のボタンから登録できます。

友だち追加
follow us in feedly
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。