幼き日の心の傷と向き合う

家族が仲よく、幸せな子供時代を過ごしてきたから、幼い頃の心の傷なんて自分にはないと思っていた。

だけど、忘れていただけで、35歳の今でもそれは残っていた。

小学生の頃に感じた「さみしさ」が、「さみしさ」から幼い自分を守ろうとしたものが、今の自分の足を引っ張っている。

本当に取るに足らない日常のささいな出来事で、他の人にしてみれば「えっ、そんなことで?」ということ。

そんな小さなものでも、幼い子供の心を深く傷つける。

子供の心は強いから、その傷から自分を守ろうとする。そのおかげで今まで生きてこられた。

傷は、僕と母の間で生じたものだけど、母には息子を傷つけようなんて気はまったくなかったはずだ。ただ家族のために必死に生きていただけ。

僕は、父と母が最高の両親で、この2人の子供に生まれてよかったと思っている。

だから、恨みなんてまったくなく、感謝しかない。

でも、それと幼い頃の心の傷とはまた別の話。

子供の頃の心の傷は、ちゃんとそこに向き合い、癒してあげなければいけない。「もう大丈夫だよ」と安心させてあげなければいけない。

今、親として生きている僕は、3人の子供たちの心に傷をつけているのだろう。

何が傷になるかは、本人にしか分からないし、それがどの程度人生に影響するのかは、本人にも分からない。

人を傷つけないことなんて不可能なんだろう。

傷つけ、傷つけられながら、人は生きていく。

傷つけることだって、きっと悪いことではない。傷がその人の人生を味わい深くしていく。

僕の中に、幼い頃の心の傷があったからこそ、今こうして自分の心に向き合うことができ、時を超えた伏線回収に心を揺さぶられているのだから。

心を傷つけることを恐れるより、傷ついた心に寄り添える人でありたい。

無料メール講座「子育て中でも自分の好きを仕事にする方法」のご案内

子育て中だからといって自分のやりたいことや好きなことを我慢していませんか?

たしかに子育て中は自分の時間が取りにくいもの。子育ては大切だから仕方ないとあきらめてしまう気持ちは分かります。

だけど、その生活がこれからもずーっと続いていくとしたらどうですか?子育てが落ち着いたとき、あなたは何歳で何をやっているのでしょう?

あなたは今からでも好きなことをやっていいし、今だからこそできることだってあるのです。

また、自分のやりたいことが分からなくても大丈夫。僕もそこからスタートして、今は子育てしながら自分の好きなことを仕事にできていますから。

無料メール講座(全7回)では、子育てを大切にしながらでも自分のやりたいことや好きなことをやる方法をお伝えします。

ぜひ登録してみてください!

コーチングのご案内

日々の生活の満足度はどれくらいですか?

今よりも満足度が上がったとしたら、どんな自分になれるでしょうか?

コーチングは、コーチとクライアントの1対1の対話を通じて、クライアントがより充実感にあふれ、よりバランスの取れた、より味わい深い人生を歩んでいくことを目指すものです。

一緒にあなたのまだ気づいていない可能性を見にいきませんか?

対面でも、遠方の方はビデオチャットZOOMやSkype(映像なし)でも対応できます。

無料の体験セッションもあるので、気軽にお問い合せください。

▼くわしくはこちら。

コーチングのご案内

定期購読のご案内

記事をご覧いただきありがとうございます!

お役に立ちましたらシェアしてもらえるとうれしいです。

Facebookページに「いいね!」やTwitter&Feedlyに登録すれば、最新記事を定期購読できるので便利です。

LINE@をはじめました。読者のみなさんと双方向のコミュニケーションを取れる場です。質問、相談など気軽に話しかけてください。

下のボタンから登録できます。

▼Feedlyの登録はこちら。

follow



▼LINE@の登録はこちら。

友だち追加

▼Twitterのフォローはこちら。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。