「鬼速PDCA」でPDCAをレベルアップさせる!

仕事だけでなくプライベートでも、日常的にPDCAを回しています。

でも、それは部分的(自分の興味のあるところだけ)だし、自己流のため不完全なサイクルになっていました。

ちょっとだけ「Plan」、「Do」「Do」「Do」、ちらっと「Check」、たまーに「Action」という感じ。

思い付きではあるものの、自分で課題を見つけ出し、改善案をリストアップし、実行してみる。そこまではいいけど、結果を振り返ったり経験を活かしたりをあまりせず、やりっぱなしになっているので、Evernoteがやりかけのアイデアでとっ散らかっています。

誰にいわれるでもなく自分でPDCAに取り組んでいるのは、それ自体が僕にとっては楽しいことだからです。楽しめているなら、もっとPDCAのレベルアップさせることだってできるはず。

ということで、今年1月に購入して積ん読になっていた「鬼速PDCA」という本を読みました。

小さなPDCAからはじめてみる

本書で紹介してある方法を完璧にやろうとすると、めんどくさがり屋の僕は挫折してしまうと思います。ちょっと小難しい感じがする。

僕は感覚で動くタイプなので、論理的な思考があまり得意ではありません。考えるのはそこそこで早く動きたくなってしまいます。

でも、鬼速PDCAのやり方を身につけることができれば、PDCAがレベルアップして、もっといろんなことを達成できるようになる、という確信もあります。

というわけで、まずは完璧にやろうとせず、小さな鬼速PDCAを回すことからはじめてみます。

小さなテーマで、自分でコントロールできる範囲のもので、結果がすぐに出て体感しやすいものに、鬼速PDCAを使います。

やり方は、今の自己流PDCAをベースに、少しずつ鬼速PDCAの要素を付け加えていくようにします。

「鬼速PDCAを身につける」というテーマでやるといいのかもしれません。

あとがき

行動すれば経験値を得られます。その経験値を活かさないのは非常にもったいない。

ドラクエ11でたとえると、せっかくスキルポイントが溜まっているのに、スキルパネルを解放しないようなものです。

行動して経験を積み、経験を次の計画に活かす。このサイクルをうまく回せるようになるぞ!

コーチングのご案内

日々の生活の満足度はどれくらいですか?

今よりも満足度が上がったとしたら、どんな自分になれるでしょうか?

コーチングは、コーチとクライアントの1対1の対話を通じて、クライアントがより充実感にあふれ、よりバランスの取れた、より味わい深い人生を歩んでいくことを目指すものです。

一緒にあなたのまだ気づいていない可能性を見にいきませんか?

対面でも、遠方の方はビデオチャットZOOMやSkype(映像なし)でも対応できます。

無料の体験セッションもあるので、気軽にお問い合せください。

▼くわしくはこちら。

コーチングのご案内

定期購読のご案内

記事をご覧いただきありがとうございます!

お役に立ちましたらシェアしてもらえるとうれしいです。

Facebookページに「いいね!」やTwitter&Feedlyに登録すれば、最新記事を定期購読できるので便利です。

LINE@をはじめました。読者のみなさんと双方向のコミュニケーションを取れる場です。質問、相談など気軽に話しかけてください。

下のボタンから登録できます。

▼Feedlyの登録はこちら。

follow



▼LINE@の登録はこちら。

友だち追加

▼Twitterのフォローはこちら。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。