子供たちとマリーナホップの遊園地で遊んできた!

昨日、子供たちを引き連れて、広島市西区観音にあるマリーナホップへ行ってきました。

今回の目的は、今年オープンしたマリホ水族館ではなく、マリーナホップに昔からある小さな遊園地です。

子供たちが遊園地へ行きたいというけど、妻は風邪をひいているから家で休ませてあげたい、でも1人で大きな遊園地へ連れていくのはむずかしい、ということでマリーナホップに行くことにしました。

2歳から6歳の子供であれば、大人なら「これだけ……?」と感じる遊園地でも大はしゃぎするものです。

ここのジェットコースターは、保護者同伴という条件が付くものの、2歳でも乗ることができます。とはいえ、さすがに初めてのジェットコースターだから泣くかな、と思いつつ娘(2歳)と一緒に乗りました。

少し固い表情をしていたけど、最後まで泣くことなく、終わったあとも笑顔でした。末っ子の度胸は大したもので、姉や兄に負けじと高いところでもスイスイと登っていきます。三番目強し。

2歳から6歳だと、どこの遊園地でも乗れないアトラクションがあるので、子供たちにガマンを強いることが多くなってしまいます。乗りたいけど身長が足りないとか、娘は乗れるけど息子は乗れないとか、4歳は乗れるけど1人では乗れないとか、そういうルールの関係で人員配置(僕の)がうまくいかないこともあります。

今回も、娘と息子を乗せるため、僕が何度も同じアトラクションに乗ることがありました。その分チケットが必要なので財布にも厳しい。

ちなみに、マリーナホップの遊園地は、フリーパスではなくアトラクションごとにチケットを買う方式なので、子供が多いと財布の残高がガンガン削られていきます。隣にゲームセンターもあるし。

僕自身、遊園地や絶叫マシンが好きなので、小さな子供たちと遊園地へ行くと、乗りたいけど乗れないというモヤモヤした気持ちになります。絶叫マシンに乗って「ひゃーーー!!」って言いたい。

もちろん、子供たちが喜んでいる姿を見るのも楽しいんですけどね。

身長や年齢の制限を気にすることなく、子供たちと一緒に思う存分絶叫マシンを楽しめる日が楽しみです。

コーチングのご案内

日々の生活の満足度はどれくらいですか?

今よりも満足度が上がったとしたら、どんな自分になれるでしょうか?

コーチングは、コーチとクライアントの1対1の対話を通じて、クライアントがより充実感にあふれ、よりバランスの取れた、より味わい深い人生を歩んでいくことを目指すものです。

一緒にあなたのまだ気づいていない可能性を見にいきませんか?

対面でも、遠方の方はビデオチャットZOOMやSkype(映像なし)でも対応できます。

無料の体験セッションもあるので、気軽にお問い合せください。

▼くわしくはこちら。

コーチングのご案内

定期購読のご案内

記事をご覧いただきありがとうございます!

お役に立ちましたらシェアしてもらえるとうれしいです。

Facebookページに「いいね!」やTwitter&Feedlyに登録すれば、最新記事を定期購読できるので便利です。

LINE@をはじめました。読者のみなさんと双方向のコミュニケーションを取れる場です。質問、相談など気軽に話しかけてください。

下のボタンから登録できます。

▼Feedlyの登録はこちら。

follow



▼LINE@の登録はこちら。

友だち追加

▼Twitterのフォローはこちら。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。