誰にでも自分だからこそ語れることがある

スポンサーリンク

息子(4歳)は、よくしゃべります。そして、声が大きい。

ただ、まだボキャブラリーが年相応なので、伝えたいのに最適な言葉が見つからず、手持ちの言葉を総動員して一生懸命説明します。

言いたいことをひと言で表す言葉が分からないから、誰が、いつ、どこで、何を、どんな色の、と外堀を埋めるように話すんですね。

次々に投げてくるヒントを集めて息子の言わんとするを推理するので、分かったときは理解できた喜びを感じられます。

今朝、そんな息子の話しを聞いていて、ふと息子の話し方の魅力に気づきました。

相手の理解を確認しながら話す

息子は、自分が話している途中で、「わかる?」と、自分の言葉がちゃんと伝わっているか確認してくるのです。

他の子がどんな話し方をするのかの豊富なデータがあるわけではないので、息子だけの特徴といえるのか分かりませんが、少なくとも聞き手の理解はお構いなしで話し続ける大人はたくさんいます。

それに気づいて、「この子すごい!自分の話しが相手に伝わっとるかどうか確認しとる!」と興奮気味に妻に伝えると、「あー、お父さんがそういうしゃべり方だからじゃない?」との返事。

突然自分がでてきてびっくり。妻いわく、僕も相手の理解を確認しながら話しているらしい。自分ではまったく気づいてないけど。

先日、ライフエンジンで言われた「話しながらも聞き手の内面を見ている」という言葉ともつながります。

【参考】ライフエンジンのオフラインイベントに参加しました![2017/09/29]

誰にでも自分だからこそ語れることがある

自分は頭の中にある思考を、体系立てて流れるようには話せないから、話すことが苦手だと思ってきたけど、もしかしたら自分だからこそできる話し方があるのかもしれません。

ほんと人間っておもしろい。ただの聞く、話すという行動だけでも、いろんなタイプの人がいるんです。

どのタイプが良いとか悪いとかではなく、きっとそれぞれのタイプだからこそ伝えられる人や伝えられることがあるのでしょう。

流暢に話すから伝わることもあれば、たどたどしく話すから伝わることもある。大きな声で話すから伝わることもあれば、消え入るような声で話すから伝わることもある。豊富なボキャブラリーで話すから伝わることもあれば、子供のようなボキャブラリーで話すから伝わることもある。

大切なのは、自分の言葉で、自分のペースで、自分の思いを話すこと。

無料メルマガをはじめました!

毎日配信を基本として、1回の配信に1つのテーマでサクッと読める分量でお届けします。

自分らしく生きるための気づき、明るい家庭を築くための工夫、生活を楽しくするためのアイデアなど、私が自分らしい人生を歩むための「動き」を発信します。その小さな動きが、読者のみなさんの「動き」につながっていけばいいなと願っています。

▼登録はこちらから。

さいんぽすと無料メルマガ登録フォーム

メールアドレスと名前を入力して「登録」を押すと、仮登録メールが届きますので、記載されているURLをクリックして本登録となり、購読がはじまります。

コーチングのご案内

コーチングを受け付けています。

対面でも、遠方の方はSkypeでも対応できます。

無料の体験セッションもあるので、気軽にお問い合せください。

コーチングのご案内

現在、もっと短時間で気軽に受けられるコーチング「ファストコーチング」を提供しています。

くわしくはこちらをご覧ください。

コーチングをもっと身近に!「ファストコーチング」はじめます!

定期購読のご案内

記事をご覧いただきありがとうございます!

お役に立ちましたらシェアしてもらえるとうれしいです。

Facebookページに「いいね!」やTwitter&Feedlyに登録すれば、最新記事を定期購読できるので便利です。

LINE@をはじめました。読者のみなさんと双方向のコミュニケーションを取れる場です。質問、相談など気軽に話しかけてください。

下のボタンから登録できます。

友だち追加
follow us in feedly
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。