メルマガ(ブログ)を毎日配信するための3つのコツ

スポンサーリンク

今日(2017/10/19)の時点で、123日休むことなくメルマガを配信しています。

初めは慣れない作業で戸惑いながらの配信でしたが、今ではすっかり習慣になり、難なく毎日配信できています。

「メルマガ読みやすいから毎日欠かさず読んでるよ」といううれしい言葉も聞こえてくるようになりました。

「メルマガを毎日配信する」と決めてからここまで継続できたのは、ある工夫をしていたからです。

これらの工夫は、メルマガに限らず、ブログや他の何かを継続したいときに使えるので紹介します。

メルマガ(ブログ)を毎日配信するための3つのコツ

1.毎日配信するための仕組みを作る

まずは何よりも「毎日配信するんだ!」と決意することですが、人の決意は、時間の経過とともにあっという間に崩れ去ってしまいます。(3日もあれば十分)

なので、次のことをやります。

  • メルマガの優先順位を最高にする
  • メルマガを書く時間を事前にスケジュールに組み込む
  • 前日に予約配信をする
  • 自分の弱点を把握する

メルマガの優先順位を最高にして、ブログを落としてでもメルマガだけは配信することにしていました。

「時間ができたら書く」では絶対に書けません。時間なんてないのです。前もって時間をやりくりして、メルマガの時間を確保しておくことが大切です。

毎朝7:15に配信しているメルマガを、前日の朝5時頃書くようにしています。こうすることで、たとえこの時間に書けなかったとしても、まだ書くチャンスはたくさん残っています。

自分の弱点を知っておくことも大切です。僕の場合、二日酔いの日や休日は文章を書きにくくなります。それが分かっていれば、前倒しで原稿を書いておくという対策が取れます。

決意だけでは失敗に終わる可能性が高いですが、決意を仕組みに変換することで、継続する確率を上げるのです。

2.最初のハードルを低くする

いきなり完璧なメルマガを書こうとすると、間違いなく挫折してしまいます。

余程才能がある人でない限り、「いきなり完璧」なんて無理、そんなものは幻想です。

文字数が少なくてもいい、テーマが日記でもいい、読者が少なくてもいい、とにかくメルマガを毎日配信することだけに集中しました。

僕のメルマガは、メインコンテンツが350文字から700文字くらいで、毎日ひとつのテーマだけ書いています。

継続する習慣ができさえすれば、そこからレベルアップさせていくのはそれほどむずかしくありません。

習慣を作ることが最もむずかしいので、クオリティは後回しにして、継続することを目指しましょう。

3.やることをリストアップしておく

新しい習慣を継続するのがむずかしいのは、その作業に慣れていないという要因もあります。

「えーっと、次は何するんだっけ?」と考えはじめた瞬間、視線がTwitterに向かったりします。

新しい習慣初心者に考える隙をあたえてはいけません。考える間もなくやることを提示することが必要です。

メルマガ配信の手順をすべてリストアップしておきましょう。その手順通りに作業すれば、メルマガを配信できるという具合に。

このリストは、ミスをしないためにも有効です。

あとがき

今回は、「メルマガを毎日配信するためのルール」としましたが、ブログを書くこと、運動を継続すること、ダイエットすることなど、継続することが重要なものすべてに共通するコツです。

まずは継続することに意識を向けてやってみましょう!

無料メルマガをはじめました!

毎日配信を基本として、1回の配信に1つのテーマでサクッと読める分量でお届けします。

自分らしく生きるための気づき、明るい家庭を築くための工夫、生活を楽しくするためのアイデアなど、私が自分らしい人生を歩むための「動き」を発信します。その小さな動きが、読者のみなさんの「動き」につながっていけばいいなと願っています。

▼登録はこちらから。

さいんぽすと無料メルマガ登録フォーム

メールアドレスと名前を入力して「登録」を押すと、仮登録メールが届きますので、記載されているURLをクリックして本登録となり、購読がはじまります。

コーチングのご案内

コーチングを受け付けています。

対面でも、遠方の方はSkypeでも対応できます。

無料の体験セッションもあるので、気軽にお問い合せください。

コーチングのご案内

現在、もっと短時間で気軽に受けられるコーチング「ファストコーチング」を提供しています。

くわしくはこちらをご覧ください。

コーチングをもっと身近に!「ファストコーチング」はじめます!

定期購読のご案内

記事をご覧いただきありがとうございます!

お役に立ちましたらシェアしてもらえるとうれしいです。

Facebookページに「いいね!」やTwitter&Feedlyに登録すれば、最新記事を定期購読できるので便利です。

LINE@をはじめました。読者のみなさんと双方向のコミュニケーションを取れる場です。質問、相談など気軽に話しかけてください。

下のボタンから登録できます。

友だち追加
follow us in feedly
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。