バレットジャーナルでリストを管理する

スポンサーリンク

巷で話題の「バレットジャーナル」の本を読みました。

「バレットジャーナル」という言葉は、以前から目にしたことはあったのですが、「バレットジャーナル」という手帳があるのだと認識していました。

バレットジャーナルとは、特定のノートを指す言葉ではなく、ノート術の名前でした。

そのやり方はシンプルで、基本は、タスク・スケジュール・アイデアなど、なんでもノートの頭から箇条書きで書いていきます。

僕は、市販の手帳のように書く場所と内容が決められたものが苦手なので、バレットジャーナルの自由さ、気軽さがとても好きです。

早くバレットジャーナルをやったみたくて、本を読み終わる前にノートを買いにいきました。

デイリーログはデジタルで管理する

本書を読みながら、書かれているようにバレットジャーナルを使う自分を想像してみたのですが、デイリーログ(その日のタスクやスケジュール、アイデアを記入する)のページを手書きで書くのは、自分にはむずかしそうだなと感じました。

というのも、デジタル大好きな僕は、タスク管理をTodoist、日記をEvernoteで管理しているため、手書きでやるとなると情報量が減ると思います。

Evernoteの日記は、iPhoneからでもPCからでも気軽に書き込めるので、結構な文量を書いています。タイムスタンプが打てるのも魅力。

なので、デイリーログに関しては、今までどおりデジタルで管理します。

コレクションをバレットジャーナルで管理する

一方、バレットジャーナルの構成要素のひとつである「コレクション」は、Evernoteより手書きノートの方が良さそうです。

コレクションとは、自分の好きな特集ページのことで、いろんなリストを作っておくページです。

今までもEvernoteにたくさんのリストを作っていたのですが、あまり見返すことをしません。

デジタルの最大の弱点は、見返すのがむずかしいことです。特定のものを検索するのは、デジタルの得意とすることろなのですが、ノートをパラパラとめくるように眺めることができません。

読み返してこそ威力を発揮するリストもあるので、Evernoteに埋もれていては意味がありません。

バレットジャーナルは、いろいろなリストを管理するために使ってみます。(もはやバレットジャーナルではない気もするけど)

日次レビューのとき、Evernoteの日記からバレットジャーナルのリストに転記します。

バレットジャーナルを作ってみた

おしゃれなノートにしようかと思ったけど、身近な店にあったロルバーンにしました。

先頭の5ページをインデックスとして使います。

インデックスを作るのがバレットジャーナルの特徴で、これがあることによって、書く場所を決めず自由に書いていっても、目的のページにたどり着くことができるのです。

最初のリストは、「バレットジャーナルに書くことリスト」です。バレットジャーナルに書くことのアイデア出しですね。

今後、この中からバレットジャーナルに適したものを書いていきます。

あとがき

僕の日記やタスク管理は、完璧ではないけどそこそこ機能しているので、それをすべてアナログに置き換えるのはちょっとむずかしいです。

現状、日記やタスク管理をやってなくてすべて頭で管理している、これまで何度も手帳に挫折してきた、そういう人にはバレットジャーナルがおすすめです。

関連記事

毎日バレットジャーナルでフリーライティングする

無料メルマガをはじめました!

毎日配信を基本として、1回の配信に1つのテーマでサクッと読める分量でお届けします。

自分らしく生きるための気づき、明るい家庭を築くための工夫、生活を楽しくするためのアイデアなど、私が自分らしい人生を歩むための「動き」を発信します。その小さな動きが、読者のみなさんの「動き」につながっていけばいいなと願っています。

▼登録はこちらから。

さいんぽすと無料メルマガ登録フォーム

メールアドレスと名前を入力して「登録」を押すと、仮登録メールが届きますので、記載されているURLをクリックして本登録となり、購読がはじまります。

コーチングのご案内

コーチングを受け付けています。

対面でも、遠方の方はSkypeでも対応できます。

無料の体験セッションもあるので、気軽にお問い合せください。

コーチングのご案内

現在、もっと短時間で気軽に受けられるコーチング「ファストコーチング」を提供しています。

くわしくはこちらをご覧ください。

コーチングをもっと身近に!「ファストコーチング」はじめます!

定期購読のご案内

記事をご覧いただきありがとうございます!

お役に立ちましたらシェアしてもらえるとうれしいです。

Facebookページに「いいね!」やTwitter&Feedlyに登録すれば、最新記事を定期購読できるので便利です。

LINE@をはじめました。読者のみなさんと双方向のコミュニケーションを取れる場です。質問、相談など気軽に話しかけてください。

下のボタンから登録できます。

友だち追加
follow us in feedly
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。