子供たちとやるNintendo Switchのマリオカート8がおもしろい!

先日、仕事帰りに広島駅前のビックカメラに吸い込まれて、Nintendo Switchのソフトを買ってしまいました。

今まで散々待たされたから、やりたいものがたくさんあるんですよね。

本体と一緒に買ったスーパーマリオオデッセイがまだ途中なんですが、息子(4歳)がやるにはちょっとむずかしいようなので、子供と一緒に遊べるものがほしかったんです。

子供と一緒にやるゲームといえばマリオカートと決まっているので、マリオカート8を買いました。

正直、隣に置いてあったゼルダと迷って5分くらい立ち尽くしましたが、息子の笑顔を選びました。ゼルダも早くやりたい。

家に帰って子供たちにマリオカートを見せると、歓声をあげて群がってきました。

子供たちは、ゲームセンターのマリオカートをやったことがあるので、どんなものかは知っています。それが家でできるなんて、さぞかしうれしいでしょうね。

簡単に操作説明をして、娘(6歳)と息子(4歳)が一番簡単な50ccのレースで対戦です。

はじめてマリオカートをやる人のお約束の通り、身体が動く子供たち。娘はどんどんテレビに近づいていき、息子は身体がどんどん右を向いていきます。

レースの結果は、はじめてにもかかわらず息子が1位で、娘は10位でした。

何度やっても息子に勝てない娘は、息子が使っているキャラクターが強いんだと考え、同じキャラで挑むも、やっぱり惨敗。

「キャラじゃなかった。自分だったわ……」と苦笑する娘。

負けて泣くのではなく、勝てない現実を受け入れた娘を見て、「成長したなー」と感動しました。

息子は、おばけのテレサが出るステージが怖いらしく、「おとうさん代わって」と助けを求めてきて、うまいのに怖がりなところがかわいらしい。

それぞれ順番に手助けしながら、どちらにも勝つ機会をあたえていたところ、娘もぐんぐん腕をあげて、息子と対等に走れるくらいになりました。

そして、いつまで待っても順番が回ってこないお父さん。

「あの、ちょっとやらして」とお願いしたところ、「一緒にやろう」と息子からハンドルを回す役を授かり、手分けしてプレイしました。思ってたのと違うけど、まあいいか。

子供の頃は、自分がやりたくて仕方なかったけど、親になると子供たちが楽しそうに遊んでいるのを見ているだけでも幸せです。

いやー、やっぱり家族でゲームするの楽しい!

でも、つい時間を忘れてやってしまい、子供と一緒に妻に怒られた。

無料メール講座「子育て中でも自分の好きを仕事にする方法」のご案内

子育て中だからといって自分のやりたいことや好きなことを我慢していませんか?

たしかに子育て中は自分の時間が取りにくいもの。子育ては大切だから仕方ないとあきらめてしまう気持ちは分かります。

だけど、その生活がこれからもずーっと続いていくとしたらどうですか?子育てが落ち着いたとき、あなたは何歳で何をやっているのでしょう?

あなたは今からでも好きなことをやっていいし、今だからこそできることだってあるのです。

また、自分のやりたいことが分からなくても大丈夫。僕もそこからスタートして、今は子育てしながら自分の好きなことを仕事にできていますから。

無料メール講座(全7回)では、子育てを大切にしながらでも自分のやりたいことや好きなことをやる方法をお伝えします。

ぜひ登録してみてください!

コーチングのご案内

日々の生活の満足度はどれくらいですか?

今よりも満足度が上がったとしたら、どんな自分になれるでしょうか?

コーチングは、コーチとクライアントの1対1の対話を通じて、クライアントがより充実感にあふれ、よりバランスの取れた、より味わい深い人生を歩んでいくことを目指すものです。

一緒にあなたのまだ気づいていない可能性を見にいきませんか?

対面でも、遠方の方はビデオチャットZOOMやSkype(映像なし)でも対応できます。

無料の体験セッションもあるので、気軽にお問い合せください。

▼くわしくはこちら。

コーチングのご案内

定期購読のご案内

記事をご覧いただきありがとうございます!

お役に立ちましたらシェアしてもらえるとうれしいです。

Facebookページに「いいね!」やTwitter&Feedlyに登録すれば、最新記事を定期購読できるので便利です。

LINE@をはじめました。読者のみなさんと双方向のコミュニケーションを取れる場です。質問、相談など気軽に話しかけてください。

下のボタンから登録できます。

▼Feedlyの登録はこちら。

follow



▼LINE@の登録はこちら。

友だち追加

▼Twitterのフォローはこちら。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。