自分の欠点はのびしろであり独自の強みとなりうるギフトである

スポンサーリンク

誰にでも、自分のイヤなところやダメだと思っている欠点があるでしょう。

たとえば、あなたに「何をやっても続かない」という欠点があるとします。

新しいチャレンジをはじめてもすぐに挫折してしまってばかりなので、「自分は何をやってもダメだ。こんなんじゃ成長もしないし夢なんて叶えられっこない」と自暴自棄になってしまいます。

そんな自分の足を引っ張る欠点でさえ、あなたにあたえられたギフトだと考えることはできないでしょうか?

欠点があたえてくれるもの

あなたには、「あの人のようになりたい!」と強くあこがれている人がいるとします。

あこがれの存在だからこそ、「あの人は、自分にはないものをたくさん持っているから成功できるんだ」と自分とは違う世界の人だと思うこともあるでしょう。

そんなあこがれの人の中に、「新しいチャレンジをはじめたけど挫折した」という意外な一面を発見しました。

そこに自分との共通点を見出すのです。「ああ、あの人も自分と同じように挫折するんだ」と。

すると、今まで見えていた自分の欠点が、少しだけ軽くなってきます。もしかしたら、「あこがれの人と同じだ」と誇りにさえ感じるかもしれません。

さらに、あこがれの人が挫折を乗り越えていく姿を目にして、自分にもできるかもと勇気をもらえることもあるでしょう。

欠点をギフトに変える

自分の欠点をどのように解釈して、どのように扱うかによって、自分の経験が変わるのです。

自分の欠点は、自分が「ダメ」というレッテルを貼っているからダメなだけで、どんなレッテルを貼るのかは自分で選択できます。

「何をやっても続かない」という特徴は、あこがれの人との共通の話題をもたらしてくれるし、うまく継続するための仕組みを作るきっかけにもなってくれるので、同じような悩みを持つ人の力になることにもつながるのです。

自分の欠点は、のびしろであり独自の強みとなりうるギフトです。

欠点の公開が人の役に立つ

あこがれの人との共通点を発見できたのは、その人が自分の欠点を公開したからです。

自分の欠点を公開するのは、決して気持ちのいいものではありませんが、その情報が誰かを勇気づける可能性はあります。

欠点や失敗を公開することが、マイナスに働くことがないとは言えないけれど、欠点や失敗を乗り越える過程を同時に公開していくことで、逆に大きくプラスの方向へ持っていけるでしょう。

あとがき

「自分のダメな部分があっても、あこがれの人にも同じところがあると、いいと思えてくる」

今朝、カバンの中からずいぶん前に書いたメモが出てきて、このように書かれていました。

ふとした気づきがあり、忘れないように書き留めたのでしょう。メモした自分の健闘もむなしく、少し未来の自分は、メモの存在を忘れてしまっていたわけです。人間の記憶はそんなものです。(メモの行き場を決める必要あり)

自分にどんな欠点があり、誰と同じだと感じたのか、メモしたときの状況や心境に心当たりがないので、メモに記された言葉を頼りに考えてみました。

僕にもいろいろと欠点があります……、あるんですが、ぱっと思いつきません。ポジティブ思考によって、ダメなところをのびしろに変換してしまって、すぐに思い浮かばないのです。

無料メルマガをはじめました!

毎日配信を基本として、1回の配信に1つのテーマでサクッと読める分量でお届けします。

自分らしく生きるための気づき、明るい家庭を築くための工夫、生活を楽しくするためのアイデアなど、私が自分らしい人生を歩むための「動き」を発信します。その小さな動きが、読者のみなさんの「動き」につながっていけばいいなと願っています。

▼登録はこちらから。

さいんぽすと無料メルマガ登録フォーム

メールアドレスと名前を入力して「登録」を押すと、仮登録メールが届きますので、記載されているURLをクリックして本登録となり、購読がはじまります。

コーチングのご案内

コーチングを受け付けています。

対面でも、遠方の方はSkypeでも対応できます。

無料の体験セッションもあるので、気軽にお問い合せください。

コーチングのご案内

定期購読のご案内

記事をご覧いただきありがとうございます!

お役に立ちましたらシェアしてもらえるとうれしいです。

Facebookページに「いいね!」やTwitter&Feedlyに登録すれば、最新記事を定期購読できるので便利です。

LINE@をはじめました。読者のみなさんと双方向のコミュニケーションを取れる場です。質問、相談など気軽に話しかけてください。

下のボタンから登録できます。

▼Feedlyの登録はこちら。

follow



▼LINE@の登録はこちら。

友だち追加

▼Twitterのフォローはこちら。


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。