新しいチャレンジへの不安を乗り越えて前に進む思考法!

スポンサーリンク

昨日からコーチングの上級コースがはじまりました。

電話で行われるカリキュラムだから、地方に住んでいることが足かせにならないのが最高です。

上級コースがはじまる前は、純粋にワクワクしているだけだったのですが、はじまった途端に不安が顔をのぞかせてきました。

何か新しいことをはじめるとき、このように不安な気持ちになった経験は、誰にでもあるでしょう。

今回は、僕がこの不安にどのように立ち向かい、克服していくのかを紹介します。

不安を創り出す心の声「サボタージュ」

これから先、ものすごいボリュームの学びが、次々と押し寄せてくることをあらためて思い知らされてしまったんです。

すると、僕の心の中でこんな声が聞こえてきます。

「こんなのついていけんじゃろ。他に100時間コーチングもやらんといけんのに。今回だってうまくいかんこともあったじゃろ」

出ました、サボタージュ。僕がやっているコーアクティブ・コーチングには、サボタージュというものがあります。

サボタージュとは、人が何か新しいチャレンジをしようとするとき、安全だと思っている現状を維持するため、その行動を止めようとする心の働きで、誰の中にもあるものです。

サボタージュの働きによって、チャレンジに対して不安な気持ちが生まれたり、やる気がなくなったり、勇気がくじかれたりします。

ちなみに、僕の中にあるサボタージュのイメージは、前へ進もうとする僕の両足首をつかんでくるホラーな感じのやつです。

それってどんなイメージ?

この不安に立ち向かうため、まずは、今自分が置かれている状況をイメージして何かにたとえてみます。

最初に浮かんだのは、僕に向かって四方八方から大切なものが飛んできて、それを全部取れるか分からないというイメージでした。

そのイメージがさらに展開した結果、今の状況とぴったりと重なる「流しそうめん」が浮かんできました。

  • 自分はそうめんが流れてくるのを待っている
  • 次から次へとそうめんが流れてくることが分かった
  • そうめんは自分にとってとても大切なもの
  • 流れてくるそうめんを1本残らずたいらげたい
  • そうめんの流れるスピードがかなり早い(改造したミニ四駆くらい)

そうめんをすべて食べたいのですが、それができるかどうか分からなくて、焦りと不安を感じているのです。

  • 自分の箸さばきですべてのそうめんをすくえるかな?
  • 左手にあるお椀にそうめんは入りきるかな?
  • 焦ってお椀を落としたらどうしよう?
  • そうめんはすべて胃袋におさまるかな?
  • そうめんを取りこぼしたらどうしよう?

このような不安に襲われながら、そうめんが流れはじめる瞬間がすぐそこまで来ているのです。(ドキドキ)

では、もし、不安が現実になってそうめんを取りこぼしてしまったらどうなるのでしょう?

そうめんは終点に用意された桶が受け止めてくれるので、取りこぼしたそうめんも食べることができます。

流れるそうめんを食べる楽しさはないけれど、食べられることに変わりはありません。

ここまでイメージが進むと、「取りこぼしたっていいんじゃない?」そんな風に思えてきて、焦りと不安は少しずつ小さくなっていきます。

流れるそうめんを全力でつかみ、取り切れないものも無駄にはならないのですから。

それと同時に、今自分がやるべきことが見えてきます。

今僕がやるべきは、次のようなことです

  • 箸のにぎりをしっかり持ち直すこと
  • 滑らないようにお椀を持つ左手の汗を拭うこと
  • 大きめのお椀に変えること
  • そうめんをすくうイメージトレーニングをすること
  • 体調を整えること
  • そうめんが流れてくるところから目をそらさないこと
  • 取りこぼしても桶があると信じること

多くの場合、不安を大きく見積りすぎているもので、不安が現実化したところで「思ったより大丈夫かも」となります。

そろそろ「何の話しだっけ?」と思い始めた人もいるでしょう。そうです、話しの本質は流しそうめんではないんです。

次はこのイメージを現実にあてはめていきます。

イメージを現実にあてはめる

流しそうめんを僕の現実にあてはめると何でしょうか?

  • そうめん → 新しい学び
  • 箸 → 聴く力、考える力、筆記用具
  • お椀 → 自分の記憶、記録するツール
  • 食べること → 学びを実践すること
  • 桶 → 仲間

これから先、新しい学びが次々と僕に降り注いできます。

それらをしっかりと受け止め、忘れないようにメモします。

学んだことを実践することも大切。実践を通して自分の身になっていきます。

1人では受け止めきれなかった学びは、同じチームのメンバーに助けを求めることができます。

それでは、今この現実で僕にできることはどんなことがあるでしょうか?

  • スケジュールを管理すること
  • 事前に予習をすること
  • カリキュラムを受ける前に心のあり方を整えること
  • メモするツールを整えること
  • 資料やメモ、記録を分かりやすく管理する仕組みを作ること
  • 復習すること
  • 学びを実践する仕組みを作ること
  • 仲間との関係を深めること
  • 仲間に学びを共有すること

こんなにもできることがあります。自分にコントロールできることがあると分かると、勇気が湧いてきます。

コントロールできないことに力を注いだって無駄です。焦りや不安があるのは、コントロールできないことに意識が向いている証拠です。

まずは、今自分にできることをやる。それでもまだ不安があるのなら、それはそのとき考えるとしましょう。

まとめ

不安な気持ちを抱えて悶々としていても、なかなか解決の糸口は見えないものです。

一旦イメージを使って迂回することで、今自分がやるべきことがはっきりして、曖昧な不安に足をすくわれずに、前を向くことができます。

まとめると次のようになります。

  • 新しいチャレンジに不安は付きもの
  • 自分の状況を何かにたとえてみる
  • イメージの中で不安なことが起こったらどうなるか考える
  • イメージを現実にあてはめる
  • 今できることをリストアップする

新しいチャレンジを前にして不安な気持ちに襲われたとき、軽くイメージで遊んでみるくらいの気持ちで試してみてください。

コーチングは、対話を通じてこんなことをやっていきます。1人ではイメージすることがむずかしい場合、僕のコーチングが力になります。

▼コーチングの案内はこちら。

【2/21~】最高の「家族」をつくるコーチング!100時間コーチングをやります!

コーチングのご案内

日々の生活の満足度はどれくらいですか?

今よりも満足度が上がったとしたら、どんな自分になれるでしょうか?

コーチングは、コーチとクライアントの1対1の対話を通じて、クライアントがより充実感にあふれ、よりバランスの取れた、より味わい深い人生を歩んでいくことを目指すものです。

一緒にあなたのまだ気づいていない可能性を見にいきませんか?

対面でも、遠方の方はビデオチャットZOOMやSkype(映像なし)でも対応できます。

無料の体験セッションもあるので、気軽にお問い合せください。

▼くわしくはこちら。

コーチングのご案内

無料メルマガをはじめました!

毎日配信を基本として、1回の配信に1つのテーマでサクッと読める分量でお届けします。

自分らしく生きるための気づき、明るい家庭を築くための工夫、生活を楽しくするためのアイデアなど、私が自分らしい人生を歩むための「動き」を発信します。その小さな動きが、読者のみなさんの「動き」につながっていけばいいなと願っています。

▼登録はこちらから。

さいんぽすと無料メルマガ登録フォーム

メールアドレスと名前を入力して「登録」を押すと、仮登録メールが届きますので、記載されているURLをクリックして本登録となり、購読がはじまります。

定期購読のご案内

記事をご覧いただきありがとうございます!

お役に立ちましたらシェアしてもらえるとうれしいです。

Facebookページに「いいね!」やTwitter&Feedlyに登録すれば、最新記事を定期購読できるので便利です。

LINE@をはじめました。読者のみなさんと双方向のコミュニケーションを取れる場です。質問、相談など気軽に話しかけてください。

下のボタンから登録できます。

▼Feedlyの登録はこちら。

follow



▼LINE@の登録はこちら。

友だち追加

▼Twitterのフォローはこちら。


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。