気分が落ち込んでいるときは書き出してみる

スポンサーリンク

今日は朝からあまりやる気が出ず気分が落ち込んでいます。体調は悪くないけど肩が凝っている。

原因はなんだろう?夜中の激しい雨音と雷鳴で睡眠が乱れたから?低気圧の影響?昨夜寝る前にビールを飲んだから?

昨日のラジオでポジティブについて話したばかりなのに、ネガティブがやってきたようです。

こんなときは、自分の中で何が起こっているか書き出してみます。

今何を感じているの?

今自分が何を感じているのか、自分の内側をよく観察します。

  • 1ヶ月でブログ100記事更新しようとしてバタバタしてる
  • 「ブログを書かなきゃ」という気持ちになっている
  • 今日はまだ1本も書いてないからあと3本書かないといけない
  • 記事を量産することで質が下がっているかも
  • 1ヶ月で100記事というむずかしいチャレンジをしてるから強力なサボタージュが出てるのかも
  • 休日の家族との時間がないがしろになっているかも
  • やることが多くてコントロールできていない感覚がある

ブログが僕の負担になっているようです。そりゃ負担にもなりますよね。今まで1日1記事だったものが、1日3記事以上書かないといけないんですから。

書く時間を確保するのも大変だし、毎日更新できる僕でも1日3本となるとネタ探しに苦労します。

ブログをたくさん書こうと思えば、必然的に1記事にかけられる時間は少なくなるので、決していい加減な気持ちで書いているわけではないけれど、「これで大丈夫?」という不安は残ります。

新しい場所にいることへの居心地の悪さのようなものを感じているんです。

家族のことも気になっています。僕だけの要因というわけではないんですが、以前とくらべて家族で出かける機会が減っていることに気づき、「家族に我慢させているかも」という罪悪感の種のようなものがあります。

で、どうしたいの?

ブログを量産することがしんどいならやめればいいんです。自分で勝手に決めただけだから、誰にも迷惑はかかりません。不安はなくなり「今までどおり」の日常がやってくるでしょう。

だけど、このチャレンジの先にいる自分を見てみたい気持ちもあるんです。今までより楽にブログを更新している自分に出会えそう。

今までにないむずかしいチャレンジをするんだから、簡単でないのは当たり前。でも、ずっとこの状態が続くわけではなく、人は経験して成長するから、この道の先にはもっと大きな自分がいるはずなんです。

だから、ブログ100記事チャレンジは続けます。

次に家族のこと。大切に思っている家族だからこそ、家族への罪悪感は容赦なく僕の行動を止めようとしてきます。

でも、この罪悪感は、今のところ僕の想像の産物にすぎません。

今までより僕が忙しくなったから、家族との時間が減っているのは事実。とはいえ、毎日家族と過ごす時間はあるし、みんなで笑い合えています。

ただ、休日に妻や子供たちのやりたいことを最大限やらせてあげているかと問われると、「No」と言わざるをえず、まだまだできることはあるはずです。

貴重な休日が家族にとって充実したものになるように、家族のやりたいことや行きたいところを聞いて、事前にスケジュールを組もうと考えています。

あとがき

僕は文章を書きながら考えごとをします。自分と対話をしているような感じですね。

頭だけで考えていると、ぐるぐると同じところを回ってしまいがちなので、書き出すことで思考の流れが見えて先に進めるようになります。

コーチングのご案内

日々の生活の満足度はどれくらいですか?

今よりも満足度が上がったとしたら、どんな自分になれるでしょうか?

コーチングは、コーチとクライアントの1対1の対話を通じて、クライアントがより充実感にあふれ、よりバランスの取れた、より味わい深い人生を歩んでいくことを目指すものです。

一緒にあなたのまだ気づいていない可能性を見にいきませんか?

対面でも、遠方の方はビデオチャットZOOMやSkype(映像なし)でも対応できます。

無料の体験セッションもあるので、気軽にお問い合せください。

▼くわしくはこちら。

コーチングのご案内

無料メルマガをはじめました!

毎日配信を基本として、1回の配信に1つのテーマでサクッと読める分量でお届けします。

自分らしく生きるための気づき、明るい家庭を築くための工夫、生活を楽しくするためのアイデアなど、私が自分らしい人生を歩むための「動き」を発信します。その小さな動きが、読者のみなさんの「動き」につながっていけばいいなと願っています。

▼登録はこちらから。

さいんぽすと無料メルマガ登録フォーム

メールアドレスと名前を入力して「登録」を押すと、仮登録メールが届きますので、記載されているURLをクリックして本登録となり、購読がはじまります。

定期購読のご案内

記事をご覧いただきありがとうございます!

お役に立ちましたらシェアしてもらえるとうれしいです。

Facebookページに「いいね!」やTwitter&Feedlyに登録すれば、最新記事を定期購読できるので便利です。

LINE@をはじめました。読者のみなさんと双方向のコミュニケーションを取れる場です。質問、相談など気軽に話しかけてください。

下のボタンから登録できます。

▼Feedlyの登録はこちら。

follow



▼LINE@の登録はこちら。

友だち追加

▼Twitterのフォローはこちら。


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。