手書きノートとして使いたくてiPad Pro10.5インチとApple Pencilを買いました!

iPhoneのPlusシリーズが登場してからというもの、文章を書くのも、Kindleを読むのも、映画を観るのも、これ1台で快適にできるようになって、僕の中でiPadの必要性が失われてしまいました。

iPadの最大のネックになるのが、片手で操作できないこと。

iPhoneのPlusシリーズは、大画面でありながら片手で操作することができるので、同じ作業をするだけならわざわざiPadを使いたくはないんですよね。

自宅にあるiPad miniは子供の専用機となり、それ以来どれだけiPadの最新モデルが出ようと無関心でした。

そんな僕の心を再び燃え上がらせるiPadの魅力が登場しました。

iPad ProとApple Pencilで紙のノートを手放す

それが、Apple Pencilです。

「まるで紙のノートに書いているみたい」そんな魅力的な言葉に惹かれました。

毎日紙のノートを使っていて、残しておきたいものをスキャンしてEvernoteに保存しています。

紙のノートの欠点は、ページ数が限られていることで、常にすべてのノートを持ち歩くわけにはいかないから、スキャンしてクラウドサービスに保存する必要があります。

これはこれで便利ですが、スキャンする手間がかかるし、紙のノートをデジタルデータにして保管しているに過ぎません。アナログとデジタルの間には、まだまだ大きな溝があるのです。

そんな溝を埋めてくれるのが、iPad ProとApple Pencil。

紙のノートに書くようにiPad Proに手書きができ、写真やPDFにも直接書き込め、スキャンすることなくクラウドサービスにアップロードできる。

紙のノートを手放せる予感がしています。

というわけで、iPad Pro10.5インチとApple Pencilを購入しました。

Apple Pencilを使えるのは、iPad ProのみでiPhoneでは使えません。

iPhoneと同じ作業をするだけならiPadは必要ありませんが、iPhoneにできないことがあれば話しは変わってきます。

子供と研究ノートを作りたい

iPad ProとApple Pencilの魅力に気づいたのは、Twitterで流れてきたAppleのCMを見てからでした。

子供がiPadでカマキリの写真を撮って、そこにApple Pencilで書き込んでいる。

同じことを紙のノートでやろうとすると、写真を印刷して紙のノートに貼って書き込む、とかなり手間がかかります。

子供と何かを研究してみたいという思いはあっても、この手間を考えるとなかなか実行できませんでした。

iPad ProとApple Pencilがあれば、写真を撮って書き込んで、と次々と子供のアイデアを書き留めていけそうです。

まだあまり使ってないのでどの程度できるのか分かりませんが、子供と一緒にやる研究ノートとして大いに期待しています。

コーチングのご案内

日々の生活の満足度はどれくらいですか?

今よりも満足度が上がったとしたら、どんな自分になれるでしょうか?

コーチングは、コーチとクライアントの1対1の対話を通じて、クライアントがより充実感にあふれ、よりバランスの取れた、より味わい深い人生を歩んでいくことを目指すものです。

一緒にあなたのまだ気づいていない可能性を見にいきませんか?

対面でも、遠方の方はビデオチャットZOOMやSkype(映像なし)でも対応できます。

無料の体験セッションもあるので、気軽にお問い合せください。

▼くわしくはこちら。

コーチングのご案内

定期購読のご案内

記事をご覧いただきありがとうございます!

お役に立ちましたらシェアしてもらえるとうれしいです。

Facebookページに「いいね!」やTwitter&Feedlyに登録すれば、最新記事を定期購読できるので便利です。

LINE@をはじめました。読者のみなさんと双方向のコミュニケーションを取れる場です。質問、相談など気軽に話しかけてください。

下のボタンから登録できます。

▼Feedlyの登録はこちら。

follow



▼LINE@の登録はこちら。

友だち追加

▼Twitterのフォローはこちら。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。