とにもかくにもあれこれ行動してみよう!第5回広島ライフラボを開催しました![2018/03/24]

読書会といえば、参加者同士でおすすめの本を紹介しあう情報交換のイメージがありますが、今回広ラボでやった読書会では、本の紹介を超えた学びがありました。

【参考】3/24、第5回広島ライフラボ「やりたいことを前に進めるのに役立った「おすすめの一冊」をシェアしよう!」を開催します!

しかも、広ラボの途中に僕が次のチャレンジの決意してしまうくらい、エネルギーに満ちた場になっていました。

いろいろ試す!行動する!

今回の広ラボで感じたことを僕の言葉でまとめると、「自分のやりたいことをいろいろ試してみる」となります。

「やりたいことをやるために役立った本」というくくりで集まった本だからか、「行動」や「自分」にフォーカスした本が多かったです。

集まった本を順番に並べてみます。

「半ケツとゴミ拾い」の存在感……。

印象的だったのは、考えてばかりではなく実際に行動している人ばかりだったことです。

  • 行動することが大切
  • 自分の興味範囲外にもチャレンジしてみる
  • いろいろやってみる!

その場にいるだけで新しいチャレンジをしたくなるような雰囲気でした。

次の日にバンジージャンプをすることになった!

読書会の本流からちょっと外れているんですが、僕の心をつかんだのがバンジージャンプの話しでした。

バンジージャンプをやった経験が、新しいチャレンジの恐怖を乗り越えることに役立っている、という話。

バンジージャンプの恐怖は半端じゃないんです。高いところから落ちるという本能的な恐怖。

バンジージャンプのチャレンジを成功させるためには、勇気をふりしぼって、自分で最後の一歩を踏み出さないといけません。

この一歩を踏み出す感覚を身体が覚えているから、新しいチャレンジをするときの恐怖に立ち向かえるというのです。

「進むことと怖いことは別」という言葉が心に残りました。

この話しを聞いた瞬間、直感的に「これは絶対やる!」と決めて、次の日バンジージャンプをやってきました。(くわしくは別の記事で)

行動する人が集まった場のエネルギーは、バンジージャンプさえ可能にするんですね。

あとがき

次回の広ラボは、4/21(土)。まだ気づいていない「自分のすごいところ」を発掘します!

詳細とお申込みは、こちらのこくちーずからお願いします。

第6回広島ライフラボ「自分のすごいところを棚卸ししよう!」 2018年4月21日(広島県) – こくちーずプロ(告知’sプロ)

コーチングのご案内

日々の生活の満足度はどれくらいですか?

今よりも満足度が上がったとしたら、どんな自分になれるでしょうか?

コーチングは、コーチとクライアントの1対1の対話を通じて、クライアントがより充実感にあふれ、よりバランスの取れた、より味わい深い人生を歩んでいくことを目指すものです。

一緒にあなたのまだ気づいていない可能性を見にいきませんか?

対面でも、遠方の方はビデオチャットZOOMやSkype(映像なし)でも対応できます。

無料の体験セッションもあるので、気軽にお問い合せください。

▼くわしくはこちら。

コーチングのご案内

定期購読のご案内

記事をご覧いただきありがとうございます!

お役に立ちましたらシェアしてもらえるとうれしいです。

Facebookページに「いいね!」やTwitter&Feedlyに登録すれば、最新記事を定期購読できるので便利です。

LINE@をはじめました。読者のみなさんと双方向のコミュニケーションを取れる場です。質問、相談など気軽に話しかけてください。

下のボタンから登録できます。

▼Feedlyの登録はこちら。

follow



▼LINE@の登録はこちら。

友だち追加

▼Twitterのフォローはこちら。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。