娘が集中力を発揮できる環境を作ってあげたい

「絵を描いたり作文を書いたりするのが嫌い」と娘(7歳)が言っていた。

何を書いたらいいのか考えるのが苦手らしい。

一方、工作するのは好きで、ダンボールがあると自分のイメージを形にしようとする。

こういうときの娘は、作業にすごく没頭していて、宿題をするときの集中力のなさとは大きな違いだ。

先日は、ダンボールを見つけて「パソコンを作りたい!」と言い出した。

「ここを切って、これをこうやって付ければいいかな」と娘がダンボールに線を引いて、僕がその線に沿ってハサミで切り出してあげた。

作るのはノートパソコンなので(そういえば娘はノートパソコンしか見たことない)、ヒンジの部分も自分で考えてダンボールで作っていた。

その辺にあったシールの台紙を貼り付けてトラックパッドを作り、iPhoneに付属しているリンゴのシールを貼り、ダンボールのMacBookが完成した。

でも、よく考えると、娘が自由に使っていいMacBook Airがあって、それはあまり使ってない。

パソコンに対する憧れというより、「頭の中にあるイメージを形にしたい」という衝動なのかな。

冒頭の娘が苦手なことは、もしかしたら学校でやるような「正解のある創作」や「自分の頭の中にない創作」なのかもしれない。

娘の創造力をもっと見てみたい。あの集中力の先にどんなものがあるんだろう?

苦手なことを押し付けるだけでなく、とことんはまれるものをどんどん提供してあげたいなと思う。

コーチングのご案内

日々の生活の満足度はどれくらいですか?

今よりも満足度が上がったとしたら、どんな自分になれるでしょうか?

コーチングは、コーチとクライアントの1対1の対話を通じて、クライアントがより充実感にあふれ、よりバランスの取れた、より味わい深い人生を歩んでいくことを目指すものです。

一緒にあなたのまだ気づいていない可能性を見にいきませんか?

対面でも、遠方の方はビデオチャットZOOMやSkype(映像なし)でも対応できます。

無料の体験セッションもあるので、気軽にお問い合せください。

▼くわしくはこちら。

コーチングのご案内

定期購読のご案内

記事をご覧いただきありがとうございます!

お役に立ちましたらシェアしてもらえるとうれしいです。

Facebookページに「いいね!」やTwitter&Feedlyに登録すれば、最新記事を定期購読できるので便利です。

LINE@をはじめました。読者のみなさんと双方向のコミュニケーションを取れる場です。質問、相談など気軽に話しかけてください。

下のボタンから登録できます。

▼Feedlyの登録はこちら。

follow



▼LINE@の登録はこちら。

友だち追加

▼Twitterのフォローはこちら。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。