コーチングってどんなことするの?シナリオで紹介します!

スポンサーリンク

「コーチングってどんなもの?」という質問はよく聞かれます。コーチングを知らない人の方が圧倒的に多いのです。

コーチングで起こることを伝えたり、比喩を使ったりしながら質問に答えますが、コーチング未体験の人はなかなかイメージできないようです。

僕のコーチングの案内でも、できるだけ伝わるように工夫して書いていますが、どうでしょう?コーチングがどんなものか分かりますかね?

さらに、コーチングの説明をむずかしくしている大きな理由が、「コーチの守秘義務」です。

コーチには守秘義務があるため、誰がクライアントであるとか、クライアントがどんなことを話したとか、一切外部に漏らすことはできません。

守秘義務は、クライアントが安心して話せる場を作り、コーチとクライアントの信頼関係を築くために欠かすことができない大切なものです。

だから、「コーチングでこんな対話をしています」と実例を紹介することができないんです。

でも、実際にどんな対話をするか見てもらった方が理解しやすいはず……。

何かいい方法はないかと考えているとき、突如としてこの問題を解決するアイデアがひらめきました!

「架空の人物へのコーチングを公開すればいいんだ!」

架空の人物なら守秘義務は関係ないので、ブログで全世界公開してもまったく問題ありません。

というわけで、僕が頭の中で創り出した人物をクライアントにして、僕の頭の中でコーチとクライアントの対話を繰り広げました。

この対話を通じて少しでもコーチングを理解してもらえることを願っています。

シナリオの設定

コーチングのシナリオを作るにあたって、できるだけ現実のクライアントと似ないようにしました。

書き上げて気づきたんですが、クライアントのモデルは昔の僕でした。

クライアントの人物像

算数の問題に出てきそうな「たかしくん」にクライアントになってもらいます。

  • 名前:たかし
  • 30代男性
  • 妻と子供2人の4人家族
  • サラリーマン
  • これといった特技はない(と思っている)

コーチングのテーマ

たかしくんは、コーチングのテーマとして次のように話しはじめました。

「家族もいて仕事もあり決して不自由しているわけではないんですが、家と会社を往復するだけで充実感のない日々に漠然とした不安や不満があるんです。「このままでいいのかな……」って。仕事にもやりがいを感じていません。

とはいえ、特に趣味もやりたいこともないから、何をやっていいのか分かりません。何かやりたいのに何をやっていいのか分からないんです」

コーチングの対話

コーチ:充実感がなくて満たされてないのが伝わってきます。今どんな場所にいるイメージですか?

たかし:深い霧の中にいるような感じです。ほとんど前が見えない。

コーチ:たかしさんが霧の中で立ち尽くしているイメージが浮かびました。

たかし:そうですね。どっちに行けばいいのか、どこに行きたいのか分からないから、ここにいるしかないんです。

コーチ:そこに立ち尽くしていると、どんな気持ちになるんですか?

たかし:なんだか惨めな気持ちになってきました。今まで何をやっていたんだ、と。

コーチ:いらだちや怒りのようなものが出てきましたね。

たかし:はい、イライラしてきました。ここにいたくないのに、ここにいるしかないから。

コーチ:たかしさんは本当はどこにいたいんですか?

たかし:もっと明るいところがいいですね。いろんなものが目に飛び込んできて、「あれもやりたい!これもやりたい!」とキョロキョロしてしまうような。

コーチ:おっ、なんか雰囲気が変わりましたね。動きが出てきましたね。たかしさんの好奇心を感じます。

たかし:はい、なんだかワクワクしてきて、子供の頃100円玉を握りしめてガチャガチャをしたときのことを思い出しました。「なにが出るんだろう?」みたいなワクワクです。

コーチ:たかしさんにとって好奇心は大切な価値観なんですね。たかしさんの好奇心ってどんなもの?

たかし:何が起こるか分からないことにワクワクする。次から次へと興味をひかれるものが現れる。どんどん前に進んでいく。あっちへ行ったりこっちへ行ったり。子供のような弾ける笑顔。

コーチ:どんどん広がっていく感じがするし、なんか声がイキイキしてきましたね。

たかし:なんかじっとしていられない感じがします。

コーチ:じゃあ立ちましょう。部屋の中を自由に歩いて好きなところへ行ってみましょう。

たかし:なんか外が見たくなったので、窓のところへ行きたいです。

コーチ:一緒に行きましょう。窓から外を見て何を感じますか?

たかし:広くて大きい。私が行ったことないところがたくさんある。

コーチ:何に気づきましたか?

たかし:どこへ行けばいいか分からなくてもいいのかなって思いました。分からないからこそたどり着けるところがある。

コーチ:他には?

たかし:もっと気楽に進んでもいいのかもしれません。棒が倒れた方向に進んでみるくらいで。

コーチ:軽さと無邪気さが出てきましたね。表情も清々しい感じがします。

たかし:力が抜けてリラックスしてきました。むずかしく考え過ぎてたのかな……。

コーチ:大切な価値観である好奇心を100%尊重できたら、どんなたかしさんになる?

たかし:100%……。毎日違うことをしてそう。どんどん新しいことにチャレンジして、どんどん変化していく。退屈なんて言葉が出てこない。寝るのがもったいないと思っちゃう感じ。

コーチ:今たかしさんが響いてるのが伝わってきます。

たかし:そうですね。なんか楽しくなってきました。

コーチ:これから先ずーっとこの響いた状態で生きていけたら、どう?

たかし:それは最高ですね。生まれてよかったなって思います。

コーチ:たかしさんは生きたいんだね。

たかし:うん、生きたい……。「これが私の人生だ!」って胸を張って生きたい。子供たちにもそんな姿を見せたい。

コーチ:自分の生きる姿が子供たちのためにもなるって信じてるんだね。

たかし:うん、「お父さんみたいになりたい!」って言われたいなー。

コーチ:そのたかしさんだったら、どんなことをする?

たかし:そうですねー、まずはやりたいことリストを作ってみようかな。

コーチ:いいですね。夢が広がっていく感じがしますね。さらに付け加えてリクエストしてもいいですか?

たかし:はい、お願いします。

コーチ:明日から毎日やりたいことリストの中から1つ実行してください。あなたには「Yes」と「No」と「逆提案」の選択肢があります。

たかし:Yes、やります!毎日やりたいことができるなんて楽しそうです!

コーチ:いい笑顔になりましたね。それでは次回のコーチングでやってみた結果を聞かせてくださいね。

あとがき

いかがだったでしょうか?コーチングがどんなものかイメージできましたか?

コーチングには決まった型があるわけではないので、これとまったく同じような流れになることはありませんが、クライアントがコーチの関わりによって、自分への理解や気づきを深め、そこから行動を進めていくのは同じです。

コーチングは、学びを深めて行動を進めることで、クライアントが心から願う人生へと舵を切っていくのです。

もしコーチングに興味が湧いたら、無料の体験セッションを用意しているので、ぜひお申込みください!

▼お申し込みはこちらから!

コーチングのご案内

コーチングのご案内

日々の生活の満足度はどれくらいですか?

今よりも満足度が上がったとしたら、どんな自分になれるでしょうか?

コーチングは、コーチとクライアントの1対1の対話を通じて、クライアントがより充実感にあふれ、よりバランスの取れた、より味わい深い人生を歩んでいくことを目指すものです。

一緒にあなたのまだ気づいていない可能性を見にいきませんか?

対面でも、遠方の方はビデオチャットZOOMやSkype(映像なし)でも対応できます。

無料の体験セッションもあるので、気軽にお問い合せください。

▼くわしくはこちら。

コーチングのご案内

無料メルマガをはじめました!

毎日配信を基本として、1回の配信に1つのテーマでサクッと読める分量でお届けします。

自分らしく生きるための気づき、明るい家庭を築くための工夫、生活を楽しくするためのアイデアなど、私が自分らしい人生を歩むための「動き」を発信します。その小さな動きが、読者のみなさんの「動き」につながっていけばいいなと願っています。

▼登録はこちらから。

さいんぽすと無料メルマガ登録フォーム

メールアドレスと名前を入力して「登録」を押すと、仮登録メールが届きますので、記載されているURLをクリックして本登録となり、購読がはじまります。

定期購読のご案内

記事をご覧いただきありがとうございます!

お役に立ちましたらシェアしてもらえるとうれしいです。

Facebookページに「いいね!」やTwitter&Feedlyに登録すれば、最新記事を定期購読できるので便利です。

LINE@をはじめました。読者のみなさんと双方向のコミュニケーションを取れる場です。質問、相談など気軽に話しかけてください。

下のボタンから登録できます。

▼Feedlyの登録はこちら。

follow



▼LINE@の登録はこちら。

友だち追加

▼Twitterのフォローはこちら。


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。