家計簿より簡単で効果的な家計のバランスシートを作る

slproImg_201603030626040.jpg

家計簿を毎日つけるのは面倒ですよね。

多くの人が挫折する気持ちはよく分かります。

しかし、家計を管理する上で、毎日家計簿をつけるよりも簡単で効果的な方法があるので、紹介します。

月一回だけ資産と負債を確認する

その方法とは、月一回だけ月末に資産と負債を確認して、次のような簡単な表を作ります。(注:実際の我が家のものではありません)

資産とは、現金、預貯金、株式などのこと。

負債とは、クレジットカード、ローン、借金などのこと。誰かから借りていて返済する必要があるものです。

純資産とは、資産から負債を引いたもの。つまり返済するべきものを全て返済して残った、家計の純粋な資産のことです。

この表は企業の貸借対照表、バランスシート(B/S)と呼ばれるものを簡単にしたものです。

純資産を増やす

家計管理の目標は、純資産を増やしていくことで、家計にお金が蓄えられ、豊かになっていくことです。

資産を増やし、負債を減らすことで、純資産は増えていきます。

家計簿の役割

家計簿をつけなくても純資産の変動を見れば、いくら貯金できたのか、逆に減ってしまったのか分かります。

純資産の変動がなぜ起こったのか、気になるようになれば家計簿の出番です。

この状態になれば、家計簿をつける動機が生まれるので、多少の面倒さを乗り越えられます。

家計簿は、どういう収入や支出があった結果、今の状態になったのかを教えてくれるのです。

バランスシートと家計簿はどちらが優れているというものではなく、両者がお互いを補完しあって家計を分かりやすく視覚化してくれます。

あとがき

家計簿は手間がかかる割に効果が実感しにくいから続けにくいのです。

月一回のバランスシートから始めると、少ない手間で家計の状況を確認できます。

コーチングのご案内

日々の生活の満足度はどれくらいですか?

今よりも満足度が上がったとしたら、どんな自分になれるでしょうか?

コーチングは、コーチとクライアントの1対1の対話を通じて、クライアントがより充実感にあふれ、よりバランスの取れた、より味わい深い人生を歩んでいくことを目指すものです。

一緒にあなたのまだ気づいていない可能性を見にいきませんか?

対面でも、遠方の方はビデオチャットZOOMやSkype(映像なし)でも対応できます。

無料の体験セッションもあるので、気軽にお問い合せください。

▼くわしくはこちら。

コーチングのご案内

定期購読のご案内

記事をご覧いただきありがとうございます!

お役に立ちましたらシェアしてもらえるとうれしいです。

Facebookページに「いいね!」やTwitter&Feedlyに登録すれば、最新記事を定期購読できるので便利です。

LINE@をはじめました。読者のみなさんと双方向のコミュニケーションを取れる場です。質問、相談など気軽に話しかけてください。

下のボタンから登録できます。

▼Feedlyの登録はこちら。

follow



▼LINE@の登録はこちら。

友だち追加

▼Twitterのフォローはこちら。