やりたいことが分からない人がやりたいことを見つける方法

たとえ今がどんな状態であれ、目の前にある小さな興味をつかみ続けていけば、やがて自分のやりたいことは見つかります。

最近iPhoneの「Hole.io」というゲームにハマって、つい夜更かししてしまいます。

すごくシンプルなゲームで、穴を動かして街にあるものを落としていくだけです。

▼人も車もマンションも高層ビルも、なんでも穴に落としていきます。

スタート時点では小さい穴だけど、一定数の物を落とすことで穴のサイズが大きくなり、より大きなものを落とせるようになっていくので、制限時間内(2分)でいかに大きな穴に成長できるかを競います。

「塊魂」みたいなゲームといえばイメージしやすい人もいるかもしれません。

このゲームの魅力は、「成長」と「可能性の広がり」にあり、ここにやりたいことが分からない人がやりたいことを見つけるヒントがあります。

成長すると世界が広がる

最初は穴が小さいから、人間や小さい標識、消火栓、ゴミ袋みたいな小さなものしか落とせません。

自分のサイズにあったものを探し回っては落とす、ということをくり返します。すごく地味な作業。

だけど、地味な作業でもくり返すことで、穴が成長していくんです。

すると、ゴミステーションや車、木、公園の塀など、今までより大きな物を落とせるようになり、だんだん楽しくなってきます。

車を楽々落とせるようになる頃には、穴がぐんぐん成長して小さなアパートを落とせるようになり、アパートをなぎ倒しながら進めて、ゴジラになったような爽快感が出てきます。

最終的に高層ビルも落とせるくらいでタイムアップ。

やりたいことを見つける方法は、このゲームと似ています。

好奇心のアンテナに従っていろいろ試してみる

自分のやりたいことが分からないと悩んでいる人は、スタート時点の小さな穴のような状態です。

街を歩いていてもなかなかやりたいことは見つかないし、「これだ!」というものがないから見つけてもそれほど大きな喜びがあるわけでもない。

しかも、いきなり高層ビルを落とすような大きなやりたいことを探していたりします。

それでも、自分の好奇心のアンテナに従っていろんなことを試し続けることが大切。行動していれば人は成長するから。

たくさんの体験をつんで成長すると、今までより広く大きな世界が見えるようになっていきます。

そうなると、あれもおもしろそう、これもおもしろそう、と好奇心がどんどん刺激されて楽しくなっていくんです。今までより自分の可能性が広がっていることに気づくでしょう。

あとは、次から次へと現れるやってみたいことを実現していくだけ。

自分のやりたいことを見つけるために、まずやるべきは、目の前にある「ちょっと興味ある」くらいの小さなものを体験することです。

なにをやってみますか?

コーチングのご案内

日々の生活の満足度はどれくらいですか?

今よりも満足度が上がったとしたら、どんな自分になれるでしょうか?

コーチングは、コーチとクライアントの1対1の対話を通じて、クライアントがより充実感にあふれ、よりバランスの取れた、より味わい深い人生を歩んでいくことを目指すものです。

一緒にあなたのまだ気づいていない可能性を見にいきませんか?

対面でも、遠方の方はビデオチャットZOOMやSkype(映像なし)でも対応できます。

無料の体験セッションもあるので、気軽にお問い合せください。

▼くわしくはこちら。

コーチングのご案内

定期購読のご案内

記事をご覧いただきありがとうございます!

お役に立ちましたらシェアしてもらえるとうれしいです。

Facebookページに「いいね!」やTwitter&Feedlyに登録すれば、最新記事を定期購読できるので便利です。

LINE@をはじめました。読者のみなさんと双方向のコミュニケーションを取れる場です。質問、相談など気軽に話しかけてください。

下のボタンから登録できます。

▼Feedlyの登録はこちら。

follow



▼LINE@の登録はこちら。

友だち追加

▼Twitterのフォローはこちら。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。