苦手なことを避け続けていたら人生の目的は達成できない【大下千恵さんコーチング】

「好きなことだけして生きていく」「自分の得意なことに集中する」これらの言葉は、僕に自信と希望をもたらし、ずいぶんと生きやすくしてくれた。

今までの体験として、これらの言葉は間違っていないし、これからも多くの人を救っていくだろう。

だけど、それだけじゃダメだった。僕が人生の目的を生きるためには。

先日受けたプロコーチ大下千恵さん(@yawn_c)のコーチングは、今までで一番のコーチングだった。頭から思いっきり冷水をかけてしゃきっと僕の目を覚ましてくれ、それでいてとてもあたたかい、そんな時間だった。

失敗に自分を合わせていた

次のコーチングの試験に対して、完全に自信を失っていた。サボることなく練習をやっているものの、思うようにいかず、今までやってきたことがゼロになったような感覚。

目前にせまる試験に向けて自信を取り戻したい、と伝えた。で、今自分の中で起こっていることを見ていくことにした。

あっという間に涙がぼろぼろとこぼれた。今まで誰にも言えなかった弱音をありったけこぼした。それをコーチは評価判断することなく受け止めてくれた。

自分で解決したと思っていたけど、やっぱりコーチの存在はありがたい。

ここで気づいたのは、今まで積み上げてきたことがゼロになったような感覚は、前回試験の不合格という現実に対して、自分で自分の積み上げてきたものに黒い布をかけて見えなくして辻褄をあわせているだけだということ。

積み上げてきたのに不合格になったことがつらいから、「積み上げてきてないから不合格になったんだ」と納得しようとしていたのだと思う。

「いやいや、積み上がってるでしょ」とつっこんだ。確実に積み上がってるけど、試験の場では自分を閉じてしまって発揮できなかっただけ。

と、ここまではある意味よかった。ところが、ここから冷水で目を覚ますことになった。

居心地のいいせまい場所に逃げ込んでいた

「コーチングでどんな場を作りたいの?」という質問が飛んできて、心の中にあることをそのまま出した。

ところが、コーチは何かに引っかかっているらしく、注意深く何度も同じ質問をくり返す。

時間をかけてよーく心の中を探してみても、同じ答えしか出てこない。

コーチから言葉が投げられた。「その場はいっちーが望んでる場のように感じる」と。

この言葉を聞いて、いろんなことがつながった。さっき心の中をサーチいるとき言葉にしなかったこと、最近のコーチングに対する自分の思い、そういうものがつながった。

僕は、自分にとって居心地のいいせまい場所に逃げ込んでいた。「僕はここにいたいから、同じようにここにいたい人は来てください」と閉じこもっていた。

僕にとってコーチングしやすい人にだけコーチングしていたい、ということ。

それはそれで戦略として間違っているわけではなく、得意なところで活躍できるいい面もある。だけど、いつまでたっても自分の幅が広がらず、未来の可能性は小さいものになってしまう。

それでいいならこのままでいるのもあり。だけど、僕には人生の目的がある。コーチに人生の目的とのつながりを聞かれたとき、答えは明らかだった。

僕の人生の目的を実現するためには、苦手な人にこそコーチングをする必要がある。

「苦手な人」とは、「僕が苦手だと解釈している人」であり、「僕を人生の目的へと導いてくれる人」なんだ。

これに気づいてから、世界が2倍以上広くなったように感じる。今まで見ないようにしていた世界が見えるようになった。

僕は資質ポジティブが強いから、ネガティブに感じることから視線を外してポジティブに感じるものだけを見ようとする傾向がある。これはとても生きやすいんだけど、体験した方がいいものまで覆い隠してしまうようだ。

一日一個苦手なことにチャレンジする

広い世界を体験するため、「一日一個苦手なことにチャレンジする」という課題をやることになった。

好きなことをやることは当たり前になったから、いい頃合いだ。考えるだけでドキドキするけど、同時にワクワクもしている。毎日がエキサイティングなものになりそうだ。

まずは、小さな苦手からはじめて苦手にチャレンジする筋力を高めていく。

「スキューバダイビングでキレイなサンゴ礁を見たい」という夢を持つ人が、苦手な耳抜きを避けていたらいつまでたっても夢を実現できない。夢の手前にある苦手は避けてはいけないんだ。

「好きなことだけして生きていてく」とても魅力的な言葉だけど、ときに自分をせまい世界に閉じ込めることもあるんだと実感した。

大きな夢であればあるほど、きっと必要な苦手なものもたくさんある。そこを乗り越える力をつけるときなんだろう。

コーチングのご案内

日々の生活の満足度はどれくらいですか?

今よりも満足度が上がったとしたら、どんな自分になれるでしょうか?

コーチングは、コーチとクライアントの1対1の対話を通じて、クライアントがより充実感にあふれ、よりバランスの取れた、より味わい深い人生を歩んでいくことを目指すものです。

一緒にあなたのまだ気づいていない可能性を見にいきませんか?

対面でも、遠方の方はビデオチャットZOOMやSkype(映像なし)でも対応できます。

無料の体験セッションもあるので、気軽にお問い合せください。

▼くわしくはこちら。

コーチングのご案内

定期購読のご案内

記事をご覧いただきありがとうございます!

お役に立ちましたらシェアしてもらえるとうれしいです。

Facebookページに「いいね!」やTwitter&Feedlyに登録すれば、最新記事を定期購読できるので便利です。

LINE@をはじめました。読者のみなさんと双方向のコミュニケーションを取れる場です。質問、相談など気軽に話しかけてください。

下のボタンから登録できます。

▼Feedlyの登録はこちら。

follow



▼LINE@の登録はこちら。

友だち追加

▼Twitterのフォローはこちら。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。