子供には自ら積極的に学びたくなるものをあたえたい

宿題嫌いな娘から問いを投げられました。

「なんで宿題なんかあるん?」

宿題がイヤすぎて「そもそも」に目を向けて現実逃避をはじめたようです。

でも、こういう問いって大事。人生であたえられた時間には限りがあり、本当に大切なものに時間を使うためには、定期的に大切なものを大切にできているか確認した方がいい。

僕は、宿題は絶対にやらなければいけないものだとは考えてないので(なんとか欠かさずやってますけどね)、「学校で勉強したことを復習するため」なんて子供を言いくるめるだけの答えは返しません。本当に宿題が役に立っているか分からないし。

少し考えてから、「昔からそうしてるから」と答えました。「みんなそうしてるから」というのもありそう。世の中の多くのことがこの理由で存在してるんじゃないかとさえ思っています。

きっと宿題が生まれたときには、もっとちゃんとした理由があったのだろうけど、すべてがそうだとは言わないけど惰性で続いている部分はあると思います。

何事も思考停止せず「それって本当?」と疑うことは大事。

子供がイヤイヤやっているやり方がベストな学び方だとは思えません。もっと楽しく勉強できる方法はあるはず。大人になって自ら積極的に学んでいく勉強は楽しいのだから。

本来子供は「知りたい」「やってみたい」という強い好奇心を持っています。その好奇心を刺激するような学び方があればいいのだろうけど、残念ながら今の学校の宿題はそうなってないようです。

僕に今の学校の宿題を変えることはできないけれど、子供たちの好奇心が爆発するような学びや体験をあたえてあげたいなと考えています。

コーチングのご案内

日々の生活の満足度はどれくらいですか?

今よりも満足度が上がったとしたら、どんな自分になれるでしょうか?

コーチングは、コーチとクライアントの1対1の対話を通じて、クライアントがより充実感にあふれ、よりバランスの取れた、より味わい深い人生を歩んでいくことを目指すものです。

一緒にあなたのまだ気づいていない可能性を見にいきませんか?

対面でも、遠方の方はビデオチャットZOOMやSkype(映像なし)でも対応できます。

無料の体験セッションもあるので、気軽にお問い合せください。

▼くわしくはこちら。

コーチングのご案内

定期購読のご案内

記事をご覧いただきありがとうございます!

お役に立ちましたらシェアしてもらえるとうれしいです。

Facebookページに「いいね!」やTwitter&Feedlyに登録すれば、最新記事を定期購読できるので便利です。

LINE@をはじめました。読者のみなさんと双方向のコミュニケーションを取れる場です。質問、相談など気軽に話しかけてください。

下のボタンから登録できます。

▼Feedlyの登録はこちら。

follow



▼LINE@の登録はこちら。

友だち追加

▼Twitterのフォローはこちら。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。