12月16日で37歳になりました!子供に隠れてドーナツを食べる誕生日

昨日12月16日で37歳になりました。

ほんと時間の流れが早い。20代のそれとはあきらかに違う。1年があっという間。

だんだん自分の年齢が曖昧になる

33歳を過ぎたあたりから自分の年齢がよく分からなくなってきました。サバを読むつもりもないのに間違って1つか2つ下の年齢を言っちゃいそうになる。記憶力が低下しているのか、無意識に現実逃避しているのか。僕があまり年齢に執着がないのも関係あるかもしれません。

とはいえ、僕は加齢に対してネガティブな気持ちはありません。身体能力だけ見れば20歳の自分の方が優れているのかもしれないけど、全体で見れば37歳の自分の方が充実度は高いです。

子供たちが体調不良

37歳の誕生日ですが、おいしい料理もケーキも食べていません。

といっても、決して家族に無視されているわけではなく、子供たちが立て続けに嘔吐してしまい、僕は至って健康だけど子供たちが食べられないんです。食べられない子供たちを尻目においしいものを食べるわけにはいきません。子供たちが回復するまでお預けです。

嘔吐する以外は元気なので、自宅でのんびりゲームをしてのんびり過ごしつつ、時々襲ってくる嘔吐に対処していました。

僕は、前日の飲み会で若干二日酔いなくらいで元気なので、子供たちに隠れてご飯を食べたり、冷蔵庫にあったドーナツを食べたりしていました(子供たちはおかゆ)。「お父さんチョコのにおいががするー」とバレてたけど。

2倍にすると何歳?

先日、数年ぶりに会う友人と飲んでいたときのこと。

友人「もう37歳かー。2倍にしたら74歳じゃ」

なんで2倍にするのか分からないけど、この言葉も考えてみるとおもしろい。

74歳になるまでには、生まれてから今までと同じだけの時間があたえられている、ということ。

1年はあっという間だけど、37年って結構長かった。いろいろあった。

ただ、37年の前半は、自分で自由にできることが少ない子供の時代なんですよね。

これからの37年は、たくさんのことを自分で選択できる自由があります。もちろん、体が衰えていくし、健康のリスクも増えていくでしょう。それでも、子供の頃より自由です。

そして、74歳より先もまだまだ人生が残されている可能性は高いんです。

ただし、いつかは「2倍にしたらもう生きてないかも」という日が来ます。1年の早さを考えると、そう遠くない未来にやってくるでしょう。

人生にあたえられている時間には限りがあり、今この瞬間にも残り時間は減り続けています。

あたえられた時間を何に使うのか、何に使いたいのか、そのために今なにをする必要があるのか、しっかり吟味して生きたいものです。

ほしいものリストは公開していません

ここ何年か誕生日にAmazonほしいものリストを公開してプレゼントを募集してきましたが、今回はほしいものリストを公開していません。

決してほしいものリストの公開をネガティブに思っているわけではなく、ただ単にリストをアップデートするのがめんどくさかっただけです。

基本的に物欲が乏しいことに加えて、ほしいものは自分がほしいタイミングで手に入れてしまうので、ほしいものリストが「以前ほしいと思ったものリスト」になりがちなんですよね。

コーチングのご案内

日々の生活の満足度はどれくらいですか?

今よりも満足度が上がったとしたら、どんな自分になれるでしょうか?

コーチングは、コーチとクライアントの1対1の対話を通じて、クライアントがより充実感にあふれ、よりバランスの取れた、より味わい深い人生を歩んでいくことを目指すものです。

一緒にあなたのまだ気づいていない可能性を見にいきませんか?

対面でも、遠方の方はビデオチャットZOOMやSkype(映像なし)でも対応できます。

無料の体験セッションもあるので、気軽にお問い合せください。

▼くわしくはこちら。

コーチングのご案内

定期購読のご案内

記事をご覧いただきありがとうございます!

お役に立ちましたらシェアしてもらえるとうれしいです。

Facebookページに「いいね!」やTwitter&Feedlyに登録すれば、最新記事を定期購読できるので便利です。

LINE@をはじめました。読者のみなさんと双方向のコミュニケーションを取れる場です。質問、相談など気軽に話しかけてください。

下のボタンから登録できます。

▼Feedlyの登録はこちら。

follow



▼LINE@の登録はこちら。

友だち追加

▼Twitterのフォローはこちら。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。