Apple WatchとFitbit Alta HRはどっちの腕につけるのがいい?

僕の左手首には、Apple WatchとFitbit Alta HRが巻き付いていて、ちょっとごちゃごちゃしています。特にシャツを着ると手首が窮屈。

そこで、「腕時計は左手に着けるもの」という思い込みを外して、いろんなパターンを試してみました。

パターン1:左にApple Watch、右にFitbit Alta HR

左手に集中させるから窮屈になるわけで、それなら両手に分散させればいいのではと考えて、まずはFitbit Alta HRを左手に移動してみました。

利き腕である右腕にガジェットをつけると邪魔になりそうなので、幅が小さいFitbit Alta HRの方が良さそうです。

しばらくやってみたところ、右手首でFitbit Alta HRがやたら自己主張してきてうっとうしい。手首の骨にゴツゴツ引っかかるんです。

一方で、左手首にある幅が広いはずのApple Watchは存在を感じません。あるべき場所にすっぽり収まっている感じ。

あと、コートの袖を通すときにFitbit Alta HRが引っかかります。ささいなことだけど微妙にストレス。

パターン2:左にFitbit Alta HR、右にApple Watch

今度は、左右を入れ替えてみました。

右にApple Watchを着ける最大のメリットは、改札でSuicaをタッチしやすいこと。

改札でSuicaをタッチするパネルが右側にあるので、左手首にApple Watchがあると体をひねってタッチしなければならず、全然スマートではありません。右手首にあればスムーズにタッチできます。

ただし、右手首にApple Watchを着けると、左手でデジタルクラウンやサイドボタンを操作するためにApple Watchを逆さまにしなければいけません。

もちろん、逆さまにしてもディスプレイは反転して正確な向きで表示される(アプリで設定する)んですが、デジタルクラウンが左下に来てしまうんです。

操作するうえではまったく問題ありませんが、この向きなんかイヤ。見慣れていなだけかもしれないけど、どうしても受け入れられませんでした。

おまけに、パターン1と同じように、やっぱり右手首の骨にゴツゴツ引っかかる。

右手首が変かも

単に慣れの問題かもしれないので、パターン1で引き続き我慢して使っているんですが(逆さまApple Watchは無理)、どうやら僕の右手首と左手首に違いがありそうです。

右手首の方が骨がぼこっと出てゴツゴツしてて、左手首の方が平らになっています。

利き腕とそうでない腕だから、別々の進化をしているのかもしれません。

Fitbit Alta HR不要論が出てきた

そうなると、「そもそも2つ着ける必要ある?」という話しになってきます。いつだって「それって本当に必要?」と考えることは大事です。

Apple Watch Series4でバッテリーが24時間余裕で持つようになり、1日1回充電すればFitbit Alta HRと同じように使えるし、同じようなデータは収集できます。

さらに、Fitbit Alta HRで収集したデータを活かせているかというと、収集した数字を眺めるだけで活かせているとはいえません。Fitbit Alta HRに「あと○歩で目標達成です」と言われてもスルーだし。

しばらくFitbit Alta HRを外す生活をしてみるのもありかもしれません。

コーチングのご案内

日々の生活の満足度はどれくらいですか?

今よりも満足度が上がったとしたら、どんな自分になれるでしょうか?

コーチングは、コーチとクライアントの1対1の対話を通じて、クライアントがより充実感にあふれ、よりバランスの取れた、より味わい深い人生を歩んでいくことを目指すものです。

一緒にあなたのまだ気づいていない可能性を見にいきませんか?

対面でも、遠方の方はビデオチャットZOOMやSkype(映像なし)でも対応できます。

無料の体験セッションもあるので、気軽にお問い合せください。

▼くわしくはこちら。

コーチングのご案内

定期購読のご案内

記事をご覧いただきありがとうございます!

お役に立ちましたらシェアしてもらえるとうれしいです。

Facebookページに「いいね!」やTwitter&Feedlyに登録すれば、最新記事を定期購読できるので便利です。

LINE@をはじめました。読者のみなさんと双方向のコミュニケーションを取れる場です。質問、相談など気軽に話しかけてください。

下のボタンから登録できます。

▼Feedlyの登録はこちら。

follow



▼LINE@の登録はこちら。

友だち追加

▼Twitterのフォローはこちら。