娘にお仕事を依頼してみた!ゴミ捨てリマインダー編

昨日、娘(8歳)が、「お手伝いするけんお金ちょうだい」と言ってきました。

普通にお手伝いしてお駄賃あげるだけだとおもしろくないから、「何かお父さんが困っていることを解決してくれたらお金を払うよ」と伝えました。

お客さんの困っていることを解決するのがビジネスの基本。この経験が自分でビジネスを作り出す練習にならないかなという父の企みです。

いきなり娘が自分で考えるのはむずかしいと思い、今回は僕から仕事を提案することにしました。

本を断捨離して捨てるためにまとめてあるのに、うっかり資源ごみの日(2週間に1回)を忘れてしまい2回もスルーしているから、この課題を解決してくれたら報酬を払うという提案です。当日の朝は時間がないから、前日の夜にゴミを出したいという条件つき。

リマインダーをセットすれば済む話しなんですが、娘にどうやってこの仕事をこなすか試行錯誤してほしいんです。どんな方法を使うかは完全に娘にまかせます。

次の資源ごみの日は2/18。まだ結構時間があるので、頭だけで覚えておくのは頼りない。

娘は、自分の手帳のカレンダーを開き、2/17に「本をゴミに出す」と書きました。最初の一歩としてはいい感じ。

すると、「これどこに置いとこう?」と娘。そうそう、置き場所大事。いつもは自分の部屋の本棚にしまってあり、毎日は開かないんですよね。

「ワークスペース(毎日娘が宿題する場所)に開いて置いといたら?」と思わずアドバイスしてしまう僕。(失敗)

とりあえずワークスペースに置くことになったけど、これでミッション達成できるかな?僕なら絶対忘れるなー。

今朝、娘を起こした瞬間、「お父さん本捨てるの覚えとる?」と言われました。毎日言い続ける作戦かもしれません。

無事に本を捨てられるのでしょうか?結果をお楽しみに。

コーチングのご案内

日々の生活の満足度はどれくらいですか?

今よりも満足度が上がったとしたら、どんな自分になれるでしょうか?

コーチングは、コーチとクライアントの1対1の対話を通じて、クライアントがより充実感にあふれ、よりバランスの取れた、より味わい深い人生を歩んでいくことを目指すものです。

一緒にあなたのまだ気づいていない可能性を見にいきませんか?

対面でも、遠方の方はビデオチャットZOOMやSkype(映像なし)でも対応できます。

無料の体験セッションもあるので、気軽にお問い合せください。

▼くわしくはこちら。

コーチングのご案内

定期購読のご案内

記事をご覧いただきありがとうございます!

お役に立ちましたらシェアしてもらえるとうれしいです。

Facebookページに「いいね!」やTwitter&Feedlyに登録すれば、最新記事を定期購読できるので便利です。

LINE@をはじめました。読者のみなさんと双方向のコミュニケーションを取れる場です。質問、相談など気軽に話しかけてください。

下のボタンから登録できます。

▼Feedlyの登録はこちら。

follow



▼LINE@の登録はこちら。

友だち追加

▼Twitterのフォローはこちら。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。