大人と子供がチームになって行動を後押しする

子供たちには「行動する人」になってもらいたい。

僕が子供たちに伝えたいことを厳選してひとつだけ選ぶとしたらこれになるといっても過言ではない。

行動すれば経験を得られる。経験を得られれば自分が成長する。成長すればさらに多くの行動ができる。こうしてより大きな円を描きながら人生を謳歌していけると信じている。

昨日19時過ぎに突然娘(8歳)が「グルーガンがほしい」と言い出した。ダンボール工作をするのに使うらしい。

グルーガンは100均にも売ってるし、娘が好きな工作をやらせてあげたいから、買うことは全然OKだ。ただ、今はもう19時を過ぎていて、僕は自宅でまったりモードに入っていて外に出たくない。

「明日一緒に買いに行こう」と伝えても「今すぐほしい」と聞かない。結局買いに行かずなんとかその場はおさめた。

その後、家族で晩ごはんを食べているとき、子供たちに話した。

  • 子供が「今すぐやりたい」とすぐに行動することはすごい
  • 行動したら経験を得られる
  • 大人になると行動しなくなる
  • 大人は正解かどうかを考えてしまって行動できなくなる
  • この家族を行動する家族にしたい

こんなことを話した。

話しながら僕の中に枠があることに気づいた。「19時過ぎにはもう行動しない」という枠が。

19時を過ぎていても100均へグルーガンを買いに行くことはできる。30分もあれば買ってこれるはず。寝かしつけの時間を考えたらこの30分は小さくないけど、娘が自分の思いを行動にうつす練習と考えれば大した問題ではないのかもしれない。

僕は、娘に対して無意識のうちに行動しないことを教えてしまっているのかもしれない。

子供はなんでも今すぐやりたがるけど自分で自由に行動できない。大人はなんでも今すぐできるはずなのに自分に制限をかけて行動できない。

子供と大人は苦手な部分を補い合ってお互いに行動を後押しできる。

大人はどこにでも飛んでいける翼を持っているけど、それを使うことを忘れてしまっている。子供の「あっちに行ってみよう」という素直な言葉に耳を傾けて一緒に飛び立てばいい。

無料メール講座「子育て中でも自分の好きを仕事にする方法」のご案内

子育て中だからといって自分のやりたいことや好きなことを我慢していませんか?

たしかに子育て中は自分の時間が取りにくいもの。子育ては大切だから仕方ないとあきらめてしまう気持ちは分かります。

だけど、その生活がこれからもずーっと続いていくとしたらどうですか?子育てが落ち着いたとき、あなたは何歳で何をやっているのでしょう?

あなたは今からでも好きなことをやっていいし、今だからこそできることだってあるのです。

また、自分のやりたいことが分からなくても大丈夫。僕もそこからスタートして、今は子育てしながら自分の好きなことを仕事にできていますから。

無料メール講座(全7回)では、子育てを大切にしながらでも自分のやりたいことや好きなことをやる方法をお伝えします。

ぜひ登録してみてください!

コーチングのご案内

日々の生活の満足度はどれくらいですか?

今よりも満足度が上がったとしたら、どんな自分になれるでしょうか?

コーチングは、コーチとクライアントの1対1の対話を通じて、クライアントがより充実感にあふれ、よりバランスの取れた、より味わい深い人生を歩んでいくことを目指すものです。

一緒にあなたのまだ気づいていない可能性を見にいきませんか?

対面でも、遠方の方はビデオチャットZOOMやSkype(映像なし)でも対応できます。

無料の体験セッションもあるので、気軽にお問い合せください。

▼くわしくはこちら。

コーチングのご案内

定期購読のご案内

記事をご覧いただきありがとうございます!

お役に立ちましたらシェアしてもらえるとうれしいです。

Facebookページに「いいね!」やTwitter&Feedlyに登録すれば、最新記事を定期購読できるので便利です。

LINE@をはじめました。読者のみなさんと双方向のコミュニケーションを取れる場です。質問、相談など気軽に話しかけてください。

下のボタンから登録できます。

▼Feedlyの登録はこちら。

follow



▼LINE@の登録はこちら。

友だち追加

▼Twitterのフォローはこちら。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。