「子供に英語を習わせなければいけない」という思考停止

子供の習い事で真っ先に「英語」が出てくるのは思考停止だと思っています。

英語が真っ先に出てくるのは、親の「これからは英語が話せないと困るかもしれない」という不安や、親の「自分は英語が話せない」というコンプレックスが要因じゃないかと想像しています。

子供自身が英語を使って何かを成し遂げたい夢があるケースは別として、大体は親からの押し付けじゃないでしょうか。

英語でもしょうもないことしか話せない

もちろん、英語ができないよりできる方がいい。これは間違いない。

だけど、日本語でしょうもない話しかできない人は、英語がペラペラになったところで英語でしょうもない話をする人になるだけのこと。

英語は、コミュニケーションツールのひとつに過ぎず、これが使えるからといってその人の魅力を無条件に高めてくれるものではありません。

英語以外の能力や魅力を持っている人の場合、英語がそれらを広く伝えてくれる効果は大きなものになるでしょう。

どんな言語を使えるかより、子供がどんな夢を持っているのか、どんな人でありたいのかが大切です。

だから、まずは日本語でおもしろいこと、魅力的なことを話せる人を目指した方がいい。

子供の夢を叶えるために英語が必要ならやった方がいいけど、親のエゴでやるならもっと他の子供の好きなことをやった方がいいと思います。

親のコンプレックスを子供に押し付けない

もし、将来英語が必要になれば、そのとき身につければいいだけのこと。

たしかに、英語ができれば、世界中から情報を集められるし、世界に向けて情報を発信できる。これは日本語しか話せない人より有利でしょう。

だけど、普段から日本の芸能ニュースばかり追いかけている人にとっては何の意味もない能力ですよね。

僕の仮説ですが、もしかしたら親発信で子供に英語を率先して習わせる人は、「自分も英語が話せればもっと良い人生になっていたはず」という思いがあるのかもしれません。

はっきり言いましょう。英語ができたとしてもなっていません!

なんで早くも自分をあきらめているんですか?英語が必要だったと思うなら、今から学べばいいじゃないですか。なんで自分は勉強しないで子供に託してるんですか?まだまだ人生長いですよ。

人は何歳からでも学べるんです。勉強は子供だけにあたえられたものではありません。むしろ、大人の方が好きなことを学べるんです。

親が楽しそうに学んでいれば、子供の学習欲を刺激できるかもしれません。

あとがき

英語を批判するつもりはまったくないし、できた方がいいと思います。

だけど、いくらでもやることはあふれている今の状況で、大勢の人が英語、英語と言っているのは、「何のためにそれをやろうとしてるのかな?」と疑問に感じるのです。

コーチングのご案内

日々の生活の満足度はどれくらいですか?

今よりも満足度が上がったとしたら、どんな自分になれるでしょうか?

コーチングは、コーチとクライアントの1対1の対話を通じて、クライアントがより充実感にあふれ、よりバランスの取れた、より味わい深い人生を歩んでいくことを目指すものです。

一緒にあなたのまだ気づいていない可能性を見にいきませんか?

対面でも、遠方の方はビデオチャットZOOMやSkype(映像なし)でも対応できます。

無料の体験セッションもあるので、気軽にお問い合せください。

▼くわしくはこちら。

コーチングのご案内

定期購読のご案内

記事をご覧いただきありがとうございます!

お役に立ちましたらシェアしてもらえるとうれしいです。

Facebookページに「いいね!」やTwitter&Feedlyに登録すれば、最新記事を定期購読できるので便利です。

LINE@をはじめました。読者のみなさんと双方向のコミュニケーションを取れる場です。質問、相談など気軽に話しかけてください。

下のボタンから登録できます。

▼Feedlyの登録はこちら。

follow



▼LINE@の登録はこちら。

友だち追加

▼Twitterのフォローはこちら。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。